ひろせ

私がここ最近で最もよく利用させていただく表記の心斎橋の和食店を訪問。月初に献立が変わるのでそれが楽しみでここ1年半くらい通い続けている。ミシュラン店の「ゆうの」で修行されたご主人の丁寧な仕事と喰い味を重視したオーソドックスな味付けは自身の口のとてもよく会う。料理の内容は派手さを排したストレートなコース8000円の1本勝負のみ。

暑気払いに冷たいビールをいただいて最初の座付はガラスの器に入った枝豆のすり流し。中身は涼を感じさせる蓴菜とねっとりとした舌触りのパプリカの葛豆腐。

続いては白芋と冬瓜と加賀野菜の金時草の上にご主人のスペシャリティの鯛味噌を乗せたもの。ここからはしばらくやめていた日本酒とともにいただく。

こってりとした無濾過の生原酒の旭若松を所望する。穏やかな香りだけでいい酒であることはわかる。落ち着いた雄町の米の味わいがグッと強く押して来る私好みの骨格のしっかりとした酒質。

お造りは旬の鱸、鱚の大葉鋳込み、蛸の粒マスタード添え、金目鯛と天然鯛の食べ比べ、旬のいしかげ貝、皮目を炙ったいさき、マナガツオの外連を排した8種盛り。色々な生魚をお酒と一緒に食べ比べることができるのはとても嬉しい。

夏碗に盛られた煮物はイワシの真薯と沖縄のもずく。天盛りにした茗荷や生姜とのバランスもとてもいい。

鱸の焼物の下には調味した焼き茄子のピューレが敷かれていて醤油焼きにした長芋とあげた唐辛子、オクラが添えられる。

ガラスの器に入った酢の物はイチジクと車海老。絹のようななめらかな白酢がたっぷりと添えられる。

肉料理は歯がいらないくらい柔らかく炊き込まれた牛タンのカツレツ。野菜とトマトで作ったソースとともにいただく。添え野菜は糸瓜とズッキーニなどの刻み野菜に繊細な酸味のあるかぼすソースが添えられる。

食事は時候の玉蜀黍ご飯。

桃の蜜煮と自家製杏仁豆腐でフィニッシュ。今回も量、質、価格ともにパーフェクトな内容で大満足でした。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |
1 / 11