ひろせ 9月

心斎橋にある毎月献立が変わるたびに訪問する表記の和食店で会食。カウンターでご主人の丁寧な仕事を見ながらいただくのがとても良い。カウンター6席とテーブル席のみの小体な店でお任せコース8000円のみ。ミシュラン店の「ゆうの」で修行されたご主人の料理はとても繊細で付け合わせ一つにも心が配られる。

糖質制限中なので二階堂のソーダー割りにすだちを入れたものを所望する。座付は柔らかく湯がかれた蛸と焼き茄子、白芋茎に酸味のあるジュレをかけたもの。天盛りにはオクラと茗荷と花穂紫蘇。。

こちらのお店では2皿目に揚げ物が供される。この日は出会いものの鱧と松茸のフライ。。美味しくないわけがない・・・・

外連を省いた割鮮はめいち鯛2種(一つは締めて奈良漬を巻いたもの)、鱚の大葉鋳込み、天然鯛、金目鯛、スダチで締めた鯵、皮目を焼き込んだ秋刀魚の7種盛り。。。シンプルだけど食べ応え満点。

煮物椀は湯葉のひろうす。舞茸と三度豆と菊の花があしらわれる。初秋を感じさせる取り合わせ。出汁の加減は昆布が効いたしっかりとした味わい。。

焼き魚は伝助穴子の炭焼き。穴子の骨で取った出汁にすだちを加えた酸味のあるソースでいただく。あしらえは椎茸と満願寺唐辛子。

割り山椒の器には小芋、山口産蓮根、粟麩が盛り込まれ辛子味噌がたっぷりと掛かる。

肉料理は鴨ロースとズッキーニとイチジクの田楽。イチジク田楽の美味しさは秀逸なり。

炊きたての松茸ご飯。。

デセールはほうじ茶のアイスと豆乳プリン。。今回も期待以上で大満足。器も美しくてそれぞれの料理も本当に美味しいなあと思うようなものばかり。他店でいただいたら15000円以上の内容。いつもながらかなりのハイパフォーマンスに感動。。ご馳走様でした・・・・

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |
1 / 11