2019年10月

スタンドアサヒ 10月

南部田辺駅前にある大阪を代表すると言われている表記の居酒屋を訪問。6時前の入店だけど既に満席。無理を言ってなんとか入れてもらう。

まずは名物の小鉢と言われる炊き合わせ350円を注文。栗のように甘いかぼちゃ、イタヤ貝、鯛の子、茄子、蕗、絹さや。。どれも上品ないい味わい。。客のほとんどが注文している。。91歳のご主人が作るきずしのおからまぶし300円も絶品。ミディアムに締めた鯖の酸味をおからが抑えて説妙な塩梅。

カキフライ700円。粒は小さいけど今シーズン初めての味わいに感激。

女将さんがつきっきりで焼く焼き鳥200円もとてもいい。

エビフライ900円は海老の大きさとプリプリの食感にびっくり。。洋食店でいただく以上のレベル。これからの季節はおでんもおすすめ。。支払いの時も再度ニッコリ。。。いいお店です。。

この店の女将さんがとても個性的。。ぶっきらぼうでチャキチャキ。。。寺島しのぶさんそっくり・・・

カテゴリー 田辺, 南田辺, 居酒屋 |

うしのしっぽ 10月

西田辺にある最近ヘビーユースする表記の店を訪問。店のお勧めがステーキのコースとモツ鍋のコースでともに3500円税別というビックリ価格。この日は牛テールの塩焼きを目指してアラカルトで注文。

お通し300円は肉寿司。とろける食感。。。

白菜の白きむち300円。。さっぱりあっさりで口直しにぴったり。

ミノポン酢焼き。。。これは普通。。

お待ちかねの牛テール塩焼き(写真は2人前)。柔らかく煮込まれた和牛テールを網で焼き込んだもの。余分な脂も取れてゼラチン部分もプリプリ。コクのある深い味わいと相まってハイボールが進みまくる。

最後もテールスープで締め。エキスたっぷりの味わい。。。このスープを使ったもつ鍋も最高です。。

大阪府大阪市阿倍野区西田辺町1-2-4
06-6690-5088
18:00〜24:00 LO23:00


カテゴリー 西田辺, , 和食, その他料理 |

肉バカ研究所

ユニークな店名の天満の店を朝ランの後ランチタイムに訪問。駅を降りて北に向かって歩いて路地を入ったところに位置する。3坪店舗で4テーブルの極小店舗。2テーブルは建物の軒先となっていてビニールシートに囲まれる。肉は黒毛和牛を使っているので値段は少し高め。

まずは神戸牛マルシンステーキ180g。あっさりした醤油だれでいただく。赤身肉なんだけどきめ細かな脂分も感じられてとても美味しい。さっぱりとした後口も秀逸。

名物のロース肉の焼きしゃぶ。甘辛い醤油だれのかかった薄切り肉をさっと炙って玉子につけて頂く。焼きすぎないようにレア状態で玉子につけて頂くと肉の脂の甘みが口いっぱいに広がる。

味噌ダレに漬け込んだ和牛のハラミ肉。柔らかくて香ばしくてずった食べ続けたくなるような味わい。途中でチシャを注文して包んでいただく。総じて予想よりも上質で美味しくて大満足。リピ決定の店です。。

大阪市北区天神橋5-6-3
06-4800-2989


カテゴリー 扇町/天満, 焼肉 |
1 / 912...最後 »