ひろせ 10月

心斎橋の表記の店を友人と訪問。毎月献立が変わるたびに伺うのが楽しみ。。3周年を機に料理をバージョンアップし10月から少しだけ値上げとのこと。献立はコース10000円のみ(以前は8000円)。ミシュラン店の「ゆうの」で修行されたご主人の丁寧な仕事ぶりを見ながら食事をするのが大好き。

食事の扉は柔らかく火入れされた徳島産の蒸し鮑。菊菜、小芋の炊いたものに組み上げ湯葉が掛けられる。見るからに秋の風情を感じさせる逸品。

こちらの店では2品目に揚げ物が供される。この日は鯛の身をすり身にしたものにむかごを鋳込んで春巻き状にして揚げたもの。海老味噌を使ったコクのあるソースでいただく。

続いての活鮮は鯛、細魚の大葉鋳込み、奈良漬を鯛の昆布締めで巻いたもの、鯖きずし、皮目を炙ったカマスとまな鰹。。盛り付けはシンプルだけどダイレクトに魚を味を楽しむことができる。

煮物椀は名残の鱧で松茸を巻いたもの。鯛の葛たたきとともに。。

焼魚は大きな切り身で脂乗りまくりののどぐろに北海道産の雲丹をのせたもの。さつま芋と銀杏を添えて。。敷かれたソースは昆布醤油。。

ここで純米酒のひやおろしをいただく。。

ピオーネと蓮根と車海老の酢の物。綺麗に仕上げられた黄身酢がたっぷりと掛けられる。口の中がさっぱりする。。

牛ほほ肉を歯がいらないくらい柔らかく火入れしたものに南瓜のクリームをかけたもの。揚げた舞茸があしらわれる。。とても秋らしい主菜。。。

食事は新物のイクラご飯。。。

デセールはイチジクと自家製のソルベ。。

値上げしてもそれ以上の価値は十分ある。。。。。。11月がすでに楽しみ・・・

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00

 


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |
1 / 11