2019年11月

御堂筋ロッジ 11月

心斎橋の古びたビルの地下にある表記の店を友人と訪問。山小屋風の内装にアメリカのカントリーソングが流れる大人の空間。料理は定番のものとシーズナルなメニューがたくさん並ぶ。界隈の洋食店よりも少し高めだけどかなり上質なものばかり。

この店で好きなものを注文してワインと一緒に食べるのが大好き。

まずは大きな皿に盛り込まれた前菜の盛り合わせ。

的矢牡蠣のフライ、鰆のマリネ、ローストビーフの寿司、イチジクと生ハム、シラサエビと泉南のタコのバジルソース、カマンベールチーズのフライ、サーモンマリネと筋子のサラダ仕立てなど。いい食材を手をかけて作られているのが見ただけでわかる。

調理場からも元気な声が聞こえてライブ感もある。。。

はちみつの香りがする辛めのスパークリングと一緒に合わせる。接遇も丁寧でしっかりと目配りと気配りが効いている。

黒毛和牛と雲丹のカルパッチョの温泉卵添え。雲丹の甘さと温泉卵のまろやかさが醤油ベースのソースにとてもよく合う。

紅ズワイガニのサラダはいつも注文するお気に入りのメニュー。生の蟹の身を使用していて柔らかくて甘くてとても美味しい。サラダのオーロラソースもとても懐かしい味わい。細かく刻んだキャベツも舌触りがとてもいい。

仙鳳趾の牡蠣を使ったムニエル。パンチのあるバターソースがワインととても相性がいい。ヒラシメジ茸、占地、マコモダケのソテーが一緒に添えられる。

エビフライもこちらの店でのお気に入り。この日は定番の冷凍のブラックタイガーとシラサエビ、車海老の中から選ぶことができる。足赤海老のフライは甘みたっぷりで特製のタルタルソースをたっぷりつけて頭までバリバリいただく。

好物の黒毛和牛ロースの網焼きは淡路島の玉ねぎと茄子が添えられる。甘みを控えた醤油ベースの和風ソースもあっさりしていてとても食べやすい。

ワインが少し余ったのでゴルゴンゾーラチーズを少し所望。

スイートポテトのバニラアイス添えは手作り感満点。思いっきり食べてお腹はちきれそうになりました。。

過去の御堂筋ロッジはこちら

大阪市中央区南船場4-3-11大阪豊田ビルディング地下1階
06-6251-5064
営業時間:Lunch11:30-15:30・Dinner17:00-22:30
定休日:日・月・祝


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 洋食 |

ラ・ギャロワーズ

西区新町にある表記のイタリアンを訪問。ランチタイムのパスタが有名。

カウンター席と奥にテーブルが一つ。店主とサービスの女性で切り盛り。この日は8000円のコースをいただく。

まずは炙った鰤を大根で挟み込んだもの、かぼちゃの練り物、フォワグラの料理。。

泉州の犬鳴豚を使ったタコス。皮も自家製でメキシコ料理店のものよりもワンランク上の味わい。

蛸や烏賊いくらの取り合わせ。下には黒米が敷かれていてとても香ばしい味わい。

帆立と大黒占地の炒め。。

パスタ一皿目はトマトの味わい。。特別な具材は入っていないけどかなり美味しい。

パスタ2皿目は肉の煮込みとともに。

肉料理はフランス産の鴨。。火入れもとても良くて美味しくいただく。

ドルチェはプリン。美味しくいただきました。。

大阪市西区新町1-23-2

 


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, イタリアン |

鮨励

ホーチミンで最も美味しくて高級と言われる寿司店を訪問。中心部から徒歩で15分くらい。路地の奥にひっそりと佇む。店に入ると素木のカウンター8席と奥に個室が一つ。17時半と8時の2回転制。

30代の若き店主がカウンターを仕切る。お任せコース3000000ドン(1万5000円くらい)と4000000ドンの2種類のコース。今回は3000000ドンのコースを所望する。

最初に生ビールをいただいてまずはカワハギの酢ゼリー掛け、続いて鯛、炙ったかます、金目鯛、赤貝の刺身。魚は全て豊洲から直送していると聞き及ぶ。続いて奈良漬を添えたあん肝。ここで日本酒に切り替えてマリアージュを楽しむ。きのこの茶碗蒸し、アラの西京焼きと続く。

寿司の扉はカワハギの肝添えから、続いてアオリイカ、鰯、鰤、キンキ、表面が炙られたふわふわの穴子と続く。シャリは普通のものと赤酢のものをネタによって使い分ける。

客のほとんどが裕福なベトナム人。ご主人は英語も堪能のようで魚の図鑑を見せながら英語で説明。気配りも抜群で接遇も素晴らしい。

隣に座った客にピノ・ノワールを勧められたのでいただくこととなる。いくらの丼と北海道の雲丹。毛蟹、車海老、玉子でフィニッシュ。追加注文もあったので会計は28000円でした。。

ベトナム10E1, Nguyen Thi Minh Khai District1, Ho Chi Minh City


カテゴリー 海外, 寿司 |
1 / 612...最後 »