魚匠 さかなちゃん

参加するはずだった鹿児島マラソンが中止になり、航空券・ホテルがキャンセルできないものだったので観光に切り替えて訪問。

鹿児島一の繁華街の天文館の中にある魚料理店。変わった名前がいい。タクシーの運転手さんに聞いてもとても有名なお店と言っておられた。店に入ると1階は大きな生簀を囲むように26席のカウンター席が設けられていて小上がりにはテーブルが5卓。

地元のお勧め芋焼酎をいただきながら好きなものを注文。

まずは郷土料理のきびなごの刺身650円。ピカピカに光っていて見ただけで鮮度がいいことがわかる。

ぞうり海老の刺身1500円。まさに草履のようなビジュアルで可食部が少ない。
他の海老に比べてかなり甘みが強くて弾力がある。。
食べ終わった後の頭は最後にみそ汁となって登場。

首折れ鯖の刺身950円。新鮮かつ脂もしっかりと乗っていてとても美味。弾力がありすぎて噛みきれない。。こんな活鯖の刺身は初めて・・・

タカバアラの刺身1200円は地元で取れるクエの一種で皮目部分に強い弾力があって味も濃いくなっている。。内臓も一緒に提供。。これはポン酢と相性よし。。

鹿児島産の地だこの刺身650円。。足が太くて味が濃い感あり。。

アサヒガニの酢の物2200円も地元で取れる珍しい逸品。皮は柔らかめで食べやすい。味噌もかなり美味しい。ほくほくの身が酢と相性がいい。

揚げたての自家製さつま揚げ650円は熱々のふわふわ。。芋焼酎のお湯わりが進みまくる。

月日貝という帆立貝の仲間のような貝のバター焼き850円。貝柱もしっかりしていて食べ応え満点。鹿児島にはいろいろな魚があるなと感心する。

郷土料理の豚骨650円。麦味噌の風味がとてもいい。脂分がかなり抜けているので食べやすい。これ桃焼酎との相性よし。。この辺りでお腹いっぱいになって店を出る。

食事の後は鹿児島中央駅前の屋台村をブラブラする。ここだけはどういうわけか大繁盛。いい空気感があって若い方を中心に大賑わい。。

鹿児島県鹿児島市樋之口町9-3
099-225-3722


カテゴリー 九州地区, 居酒屋 |
1 / 11