六徳恒河沙

友人と表記の気鋭の中国料理店を訪問。お店はJR東西線新福島駅周辺の路地と古い街並が残ったエリアの一角。最近沢山の飲食店ができてかなり賑わっている地域。
JR福島駅から徒歩5分。新福島駅からは徒歩2分の好立地。以前の店は福島5丁目にあったんだけど11月に2丁目に移転。

店の外観は黒壁に瓦屋根の古民家に真っ赤な鉄格子、軒先には、店名「六徳 恒河沙」の赤色ネオン管が掛かり2階部分の外壁には、レンゲで麻婆豆腐すくうイラスト共に「WE ARE MAPO MAFIA」と描かれている。

ランチタイムの麻婆豆腐がとても有名でいつも行列ができる。店内は手前に厨房を囲む逆L字カウンター12席と奥にテーブル席が14席、2階は個室対応も可能なテーブル席がある。

シェフは西区新町の有名店酒中花空心のご出身で2015年に独立。夜のメニューはコース仕立てもあるけど7名での会食なので好きなものをアラカルトで注文する。

オススメのよだれ鶏1000円は低温調理された柔らかな胸肉の火入れ加減がとてもいい。唐辛子や花椒、ラー油が入ったタレも脳髄にビシバシ来る辛さ。

ピータン700円も好きなタイプの味わい。アヒル玉子を化学反応させた独特なにおいとクセが紹興酒とよく合う。パクチーとの相性もとてもいい。

ジャガイモと香菜の塩炒め1000円はジャガイモをかつらむきにしているのだろうか?麺状に綺麗に包丁されたジャガイモがとてもも美しい。シャキシャキしたジャガイモの食感もとてもいい。

小籠包600円はこちらのお店でも人気メニューとのこと。皮をかじるとスープが溢れ出す。

大きな焼き餃子600円は餡がいっぱいで食べ応えあり。

クリスピーローストポークのマスタードソースはカリカリに仕上げた皮部分とレアに火入れされた肉部分の対比が面白い。豚肉も上質で脂部分の甘さが秀逸。

レバニラ炒め1100円は街中華のものよりもワンランク上の仕上がり。カリカリに揚げたレバーは癖や臭み全くなし。

黄ニラと雲丹の玉子炒め1500円はふわふわの玉子と雲丹の甘さが際立つ逸品。お酒との相性もいい。

スペアリブ黒胡椒炒めのパイナップルソースは特別料理。絶妙な火入れが元々の豚肉の美味しさを際立たせる。角切りのパイナップルと豚肉との相性もとてもいい。

骨つきラムとフルーツトマトのウイグル仕立て2200円。。クミンシードをたっぷり使った羊料理。。

餡掛けチャーハンはジャポニカ米以外のものを使用。パラパラの食感が絶妙。小さなところまでのこだわりに感心する。

最後はあさりの麻拉そば。。あさりの旨味と唐辛子の辛味がなんとも言えない。食べている途中で頭の毛穴が開いて汗びっしょりになる。次回の予約をしてお店を出る。お腹いっぱいご馳走様でした。。

大阪市福島区福島2-9-10
TEL 06-6454-3696
定休日 日曜日


カテゴリー 福島, 中華料理 |
1 / 11