酒中花 空心 6月

西区新町にある表記の中華料理店を訪問。四ツ橋駅、西大橋駅から徒歩5分。外観はエスニックな独特の雰囲気。こじんまりした店内はテーブル席とカウンター。今回はカウンターに案内いただく、西天満の有名店の月泉や福島の六徳恒河沙のシェフの出身店でこの日もカウンターの中にシェフを含め4人の若い料理人が阿吽の呼吸で喋らずにキビキビと動き回っていたのが印象的。

メニューは季節ごとのアラカルトに加え、コース6000円、8000円、12000円の3種がメイン。今回は8,000円のコースに好物のエビチリ1800円をエクストラで追加する。

つきだしは筍の海老はさみ揚げ。その上にはピータン、若芽、木の芽、塩漬けの桜の花が添えられる。桜塩をつけていただく。。

前菜盛り合わせ3種。こちらのお店の代表的なものが3種供される。まずは名物の「四川よだれ鶏」他店とは異なり柔らかく火入れされた骨付きのモモ肉を使用。お店ごとに味わいの異なるソースは特製のラー油の辛みと軽い痺れと香ばしさがバランス良く合わさって、砕いたカシューナッツやパクチーもいいアクセントとなる。

水だこのさわやかな花山椒和えは旬のフレッシュな花山椒を濃い目の刺激のあるソースにして水だこ、胡瓜、みょうが、紅蓼などを合えた見た目もきれいなグリーンの一品。

合鴨の叉焼も上に乗せられたピータンのコクと合わさってとても美味しい。。。

続いての魚料理は骨切りした旬のアイナメと硬めに火入れしたホワイトアスパラガスとお焦げを合わせて熱々の上湯スープをかけたもの。

この日は最初にシャンペンをいただき続いてイタリアのゲヴュルツトラミネール・ルナーレをいただく。ソムリエの方のおすすめ通りに強烈な複雑さと強さのある香りと果実味はこちらの刺激的な中華料理にぴったり。

続いて名物のチャーシューの入ったメロンパンに揚げ卵黄とトリュフを乗せたもの。昔良く似たものを香港でいただいたことがある。
メロンパンの中の角煮と卵黄とココナッツパウダーそれぞれの組み合わせがお見事。

魚料理はあっさりしたものをリクエストする。登場したのはピリ辛の紋甲烏賊の塩炒め。金針菜と北海道の生雲丹が添えられる。

有頭エビのチリソースは卵の入った濃厚な味わい。エビは高温の油で揚げているので
皮ごとバリバリといただくことができる。

続いて名物料理の空心流上州和牛イチボの青椒肉絲。レアに火入れされた肉が特徴で最初にこの形でプレゼンされる。

一度下げて全体を混ぜて取り分けされる。肉は低温調理で火入れしているのでとても柔らかい。ソースの酸味とシャキシャキの野菜の調和も心地いい。

最後は四川麻婆豆腐。しっかりと山椒が効いてて、辛みも強いパンチのある味わい。辛いだけではなく葉ニンニクのせいか濃縮された旨みがあってなんども食べたくなる味わい。

最後は自家製胡麻団子とあっさり味の杏仁豆腐。。。今回もとても美味しくいただきました。帰りはシェフがお見送り。値段も手頃でとても良心的な内容で大満足でした。。

大阪市西区新町1-21-2
06-6532-7729


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 中華料理 |
1 / 11