鮨屋 6月

南海線天下茶屋駅隣接の表記の店を訪問。昔は越中屋という名前だったけど最近は表記の名前で通されている。簡易な椅子のカウンターのみ8席の小さな寿司店。しかしながら価格の割にネタがいいのと寿司が美味しいので常に満席となっている。おすすめ握り寿司5貫1000円がとてもお得。

秋田県の新蓴菜は残り少しだったのでサービスとのこと。

旬の金目鯛のカマ塩焼きは脂もしっかり乗ってとても美味しい。パリパリに焼き込まれた皮部分の脂が焼酎とよく合う。

寿司は全て一貫ずつ好きなものをいただける。1枚付の小肌200円、コリコリの剣先イカ150円、大きなサイズのたいらぎ貝柱300円、ねっとりした食感の甘海老昆布締め250円、ふわふわのスフレ状の穴子200円は塩でいただく。大好物のしらさ海老300円。

先っぽの部分が好みの蛸150円、皮を炙った脂乗りまくり状態のどぐろ350円、夏の高級魚アコウ250円、コリコリに仕上げた下足100円、甘々の北海道の雲丹400円、締めはわさび入りまくりのきゅうり巻き。。

お酒をしっかりいただいて4000円のお支払い。。。お得感ありまくりの佳店です。

過去の鮨屋はこちら


カテゴリー 天下茶屋, 寿司 |
1 / 11