新太呂

昭和39年創業のミシュラン大阪一つ星の表記の店を訪問。淀屋橋の駅から徒歩5分
屋号は初代の修行先、名店「与太呂本店」から。昭和な店内は赤い漆塗りのカウンター16席。夜のコースは8000円税別のみ。昭和39年生まれのご主人と若い職人さんの2人でカウンター内を仕切る。飲み物を注文すると自動的にコースが始まる。

先附や向付は無くいきなり「天ぷら」から開始。
「天ぷら」はシンプルな関西風で、余分な衣をつけない「棒揚げ」という調理法らしい。
衣の入ったボウルから箸で上げたらブンブンと衣を切りまくる。
天つゆは無く特製の米粉の入った粉塩だけでいただく。

最初に海老のすり身を挟んだ海老パン。続いてほとんど衣がついていない車海老2匹。
琵琶湖の稚鮎は少し泥臭い。旬の鱚。和歌山産の新生姜とふわふわの蓬麩。

再び車海老が2匹出てきて徳島産の蓮根、アスパラ、三度豆と続く。

アルコールの種類は少なくてこの日は米焼酎を炭酸で割ったものと一緒にいただく。

口直しの柴漬け。ウズラの卵は普通。椎茸と再び車海老。ミニ玉ねぎは火入れも良くてホクホクの仕上がり。最後は追加料金で海老だけで作ったかき揚げでフィニッシュ。久しぶりにいただいたマスクメロンはとても上質。

大阪市北区西天満2-5
050-5232-9406


カテゴリー 淀屋橋, 天ぷら |
1 / 11