2020年07月

7月雑記

7月も私の駄文にお付き合いいただきありがとうございました。コロナ禍も治らない中、たくさんの美味しいお店に出会うことができました。日記には載っていませんが以下の店もまとめてご紹介足します。

ルクアのバル地下にある「さかなやのmaru寿司」比較的入りやすくて一人で軽くつまむのにぴったり。この日は 雲丹、生鳥貝とヒモ、生ツブ貝、イワシ、鱧、鯛の皮、生しらす、好物の海老とビール1本で3000円

帝塚山にある福寿堂秀信の抹茶あずきのかき氷練乳付き800円。。老舗和菓子店ならではの王道の美味しさ。

友人が経営する鯛の鯛 烏丸店7月13日オープン。

写真はタコのレア唐揚げと帆立貝の天ぷら。熟生魚を使った刺身盛り合わせ1人前580円より。。居酒屋の中に紹介制の高級寿司店あり。後日紹介いたします。

北加賀屋駅徒歩7分にある私がヘビーユースするニューとん助のポタージュスープ300円とエビフライ(大)1400円。。どちらもニンニクの香りが終日口に残るパンチ力満点のお店。。

あべのVIAにある立ち飲みの酒解(さかとけ)。天下茶屋の本店と同様に高級な魚が驚くほどの低価格で供される。店はいつもパンパン状態。この日はアブラメの刺身299円、生の粒貝399円はコリコリの食感で肝も美味しい。2周年記念のくじ引きで2等当選。お買い物バックいただいて帰る。。

同じくあべのヴィアにある一人焼肉のかどや。。ローク肉がとても美味しい。ロース1700円(写真は2人前)、上ミノ1070円。

六甲山登山の途中で立ち寄ったサイレンスリゾート のバーベキューがあまりにも良かったので再訪。景色も料理も素晴らしい。。

あべの珉珉の辣子鶏 (ラーズージー)は月に一回どうしても食べたくなる。これと冷たいビールの組み合わせは夏には最高!

美々卯のにぎわい蕎麦。とてもよくできていていつも感心する。蕎麦とうどんが食べ放題でお腹いっぱい。。

*8月もよろしくお願致します

 


カテゴリー 未分類 |

ピッツェリア・スクニッツォ・ダ・シゲオ

表記の人気ピザ店を友人と訪問。中崎町や天神橋6丁目など、どの駅からも10分程度歩く辺鄙な場所にあるんだけどどういうわけかいつも予約をしないと入れない盛況ぶり。ピザ激戦区の中崎町の中で最も人気のあるお店。

中崎町駅を北に歩くとしばらくして白く塗られた2階建てのビルの1階に店が見える。どこから入っていいのかわからないのが特徴。店主のシゲオさんははイタリアのナポリで修業し本場ナポリ・アクント社から運ばれた真っ赤な石窯を使ってピザを焼きまくるだけでなく店を一人で切り盛りする。

営業時間は平日は夕方6時から22時まで土日は12時〜14時までのランチ営業も行っているよう。店内はカウンター10席のみ。店主一人だけどほとんど客を待たすことなくアットホームな接遇にも感激した。

前菜盛り合わせ900円はボリューム満点。何をいただいても手がかかっていてとても美味しい。

イタリア直送の水牛のモッツァレラは白くてツヤツヤ。味も乳牛製と比べかなり濃厚。生ハムも分厚くてチーズと一緒にいただくとワインが進みまくる。

ピザは定番のマルガリータと名物のイカ墨のピザを注文する。
分厚くしっかりとしたコルニチョーネは噛むとざっくりとした歯応えと小麦の旨味しっかり感じることができる。塩気は比較的少ない。

キレと酸味のあるトマトソースも自然な感じでとても美味しい。
水牛のモッツァレラは当然のことながらなめらかでクリーミー。バジリコは粉末を使用。イカ墨はコクがあって独特のワタの香りがなんとも言えなく食をそそる。これは間違いなくオススメ。


パスタは巨大ハマグリとブロッコリーの平麺。ソースとしっかり乳化させてびっくりするくらい美味しい。個人的に今年いちばんのパスタ。。手際も良くて美味しくて値段も手頃。。。

帰りは中崎町を散策して軽く飲んで帰りました。。

大阪市北区本庄西2丁目4-7
TEL06-6359-0770


カテゴリー 天神橋筋六丁目, 中崎町, イタリアン |

懐石料理徳 不徳軒

住之江区にある私どもの本店の茶室「不徳軒」にて友人と4人で会食。それぞれが飲食店経営の重鎮で色々と貴重な意見をいただく。最初にビールで乾杯。

先付けは白芋茎薄葛煮、車海老一塩、引き上げ湯葉、滝川豆腐鞍掛、枝豆。丁寧で綺麗な仕事なんだけどもう少しインパクトが欲しいところ。

お造りが明石蛸湯引き、紀州南高梅梅肉、白芋と黄身酢。綺麗に品良く盛り付けられている。蛸も旨味が乗って美味しい。

お造り二皿目は韓国産鱧、オオモンハタ、剣先烏賊の3種盛り。全て高知県の宿毛産直送のもの。

煮物椀は冬瓜博多、柔らかく蒸された「へぎ鮑」、新蓴菜。。

八寸は北海道産の雲丹と叩きおくら、琵琶湖産の生きた鮎の踊り揚げ、穴子博多豆腐、鱧一口寿司、鋳込み蓮根など。天野酒の大吟醸と合わせる。

宿毛産のフエ鯛と賀茂茄子オランダ、針茗荷。。。餡の塩梅がとてもいい。。ここから白ワインのモンラッシェを合わせる。

焼き物は但馬牛ローストビーフ、馬鈴薯餡。ラディッシュ諸味噌漬け、牛蒡クリーム煮、ワイルドライス。。赤身肉なんだけど少しパサつき感あり。

留肴で北海道産毛蟹、軸防風、長芋細打ち。甘酢のジュレでいただく。。

伊賀焼の釜で炊き上げた玉蜀黍御飯。。

蜆汁、鱧の卵玉締、自家製漬物が添えられる。

デセールは白桃蜜煮、シャインマスカットの葡萄、手作りの一口最中。最中の小豆はキビ砂糖を合わせてつくる。最中で食べたときに甘さが不足なので改善必要。。甘過ぎたら諄くなるし、簡単そうで難しいね餡子作りは・・・・

大阪市住之江区東加賀屋3−15−9
懐石料理徳 住之江本店内
06-6683-0045


カテゴリー 北加賀屋, 住吉公園, 住吉大社, 和食 |
1 / 1112...最後 »