2020年09月

9月雑記

朝晩めっきり涼しくなってきました今月もペロペロ日記におつきあいいただきありがとうございました。日記掲載店以外の諸々忘備録として記載させていただきます。

ジムの帰りによく行く南船場の牛鍋専門店「船場虎島」。この日は一番廉価のブリスケットの牛鍋の牛肉大盛り1500円を所望。 牛バラ部分を使用。見た目よりあっさりした味わい。牛肉、玉ねぎ、ニラ、葱、うどん、卵が入る。。

四ツ橋線北加賀屋駅徒歩7分にあるこちらもヘビーユースする「ニューとん助」。とんかつが有名なんだけどこの日はヘレ肉ダブル4000円を所望する。たっぷりとかかるドミグラスソースのパンチ力が強烈。終日ニンニク系の後味が口に残る。。。食べた感たっぷりのランチタイムの雄。

裏天王寺と呼ばれる阪和商店街にある「つるやⅡ」のハラミ、ウインナー、焼き鳥。。いつも満席なので早い時間がオススメ。ワンボックスカーの中で仲間と食べている感。カボス酎ハイと炭焼きのウインナーは必食。

新梅田食道街のスタンディングバーの「北京」。年季の入った店でよく取材を受けている。卵が2つ入ったエッグ350円は永遠のベストセラー商品。レーズンバターも手作り。キャッシュオンなのでさっと飲んで帰るのにちょうどいい。

南船場の源ちゃん(旧名さん源)のランチタイムのハンバーグとエビフライのセット。エビフライはカリッと揚がっていて海老がプリプリ。。ハンバーグは肉の味がしっかりした硬めの味わい。。ドミグラスソースの美味しさはさすが。。

天王寺キューズモール北側にある一人焼肉の「かどや」のロース1700円。最近はこのロースを2人前だけ注文するのがマイブーム。脂の質とのりが自分の口によくあう。

山登りの帰りJR道場駅前の山崎ストアで獲れたて丸おくらのナマ食をいただく。塩をかけていただけばビールのアテのぴったり。

天王寺の立ち飲みの「酒解」。天下茶屋が本店なんだけど高級な魚がいつも激安。この日はのどぐろの姿作り、アワビのバター焼き1680円、ボタンエビなど・・・・

こちらもヘビーユースする高級な魚をおしゃれな空間で安くいただける「鯛の鯛 難波店」。この日は半熟卵の上に雲丹とイクラを乗せたもの、ヒラメの縁側のおろしポン酢和え、サザエつぼ焼き、岩牡蠣 大きな鯛のカマ焼き手のひらサイズ以上でびっくり

京都洛北の今宮神社境内の「一和」であぶり餅をいただく。1000年以上前から営業されているとのこと。目の前で「かざりや」という店もほぼ同じものを提供。大きさは大人の親指くらいで細い竹串に餅を刺してきなこをまぶして炭火で焼き上げて最後に白味噌のたれをかけて出来上がり。1人前は13本で500円(税込)。お持ち帰りは3人前からだけど賞味期限は当日中でずっと立てた状態で持ち歩かないといけない。

こちらもヘビーユースする大阪loveに満ち溢れた大阪の素材しか使用しないというこだわりのオオサカ堂(ドリンクも大阪産のみ)。この日は大阪湾のシラサエビの塩焼き480円、とびあらエビの唐揚げ480円、鱧の卵の玉じめ480円など

10月もよろしくお願いいたします・・・・

 


カテゴリー 未分類 |

ひろせ9月

大阪の和食店で今一番ヘビーユースしているミナミの畳屋筋の雑居ビルの1階にある表記の和食店を訪問。毎月メニューが変わるたびに訪問してはや数年になる。店主はミシュラン店の「ゆうの」で修行。仕事が丁寧で何をいただいても自分の口によくあう。大阪ならではの喰い味重視の仕事はお酒と一緒に味わうとより美味しく感じる.

店主はソムリエの資格も持っているのでワイン、日本酒をお任せでいただくのもいいと思う。お店はカウンター6席とテーブル席が2つ。カウンター席がオススメ。。月替わりの献立はコース税別10000円のみ。

この日は麦焼酎にすだちの輪切りをたくさん入れた炭酸割りで乾杯する。先付けは大きな車海老の半茹に加賀蓮根と小芋のずんだ和えを合わせたもの。

けれんのない盛り付けのお造りは平目、メイチ鯛のカラスミ和え、鯛の奈良漬巻き、蛸、鰊の炙り、カマスの炙り、鰆など。。どれもいい味わい。お酒がよく進む。

煮物椀は菊花仕立てで鱧の真薯が鎮座。お椀の菊の蒔絵がお見事。

炭火でパリッと焼き込まれたマナガツオのオイル焼き。マスタードのソースが添えられる。

口直しのシャインマスカットと胡桃の白和え。。

肉料理は鴨ロースのバルサミコソース。下にはフォワグラが盛り込まれていて一緒に食べるとなお美味しい。イチジクの田楽もとてもいい塩梅。

締めは松茸ご飯。。。糖質制限中だけど我慢できずいただく。

デセールは豆乳とほうじ茶のソルベ。。お腹いっぱいごちそうさまでした。今なら一休.comから申し込むと2名でポイント還元4000円。。かなりお得です・・・

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |

大阪とらふぐの会

寺田町駅徒歩3分の場所にある会員制の河豚料理店を久しぶりに訪問する。読売新聞の販売所の6階に位置して看板等は一切ない。マンションの中に入るとすべて個室に区切られていて隠れ家感満載。この時期なので使っているのは養殖河豚なんだけどこの日はかなり大きな3キロサイズを使用。他のふぐ料理店と異なり会席料理仕立てになっているのがいい。

最初はお約束の河豚皮湯引き。金粉が載っていてゴージャスなり。

てっさも綺麗な盛り付け。。ネギの他に薬味にグレープフルーツが添えているのは珍しい。

ここで焼き鱧登場。脂が乗っていてとても美味しい。バーナーで炙った焦げ目も香ばしい。

椀物は鱧と小切茄子。。しんみりとしたいい味わい。

お酒はふぐヒレの香りがする麦焼酎をロックでいただく。

続いて河豚のカラスミをふりかけたミニピザ。。

オプションで松茸を勧められたので所望。。アルバイトの学生さんが世間話をしながら丁寧に焼いてくれる。接遇はとても丁寧。。

目の前で丁寧に焼き込んだ松茸は外国産だけどそれなりに美味しい。。

続いてヒレ酒所望。電気を消して火をつけながら注ぐパフォーマンスはいつもながら素晴らしい。

焼き河豚登場。。以前はもっとニンニクと唐辛子たっぷりのパンチの効いた感じだったけど今回はおとなしい感じ。。身ととうとう身が大きくカットされて盛り込まれている。

続いて醤油味の焼き河豚登場・・・・・

真ん中の骨の部位を使った唐揚げ。。醤油味のケンタッキーチキンのような味わい。。。

河豚鍋登場。てんこ盛りの松茸と鱧も添えられる。

鍋の中がスライスされた松茸だらけ。。なんとも贅沢な取り合わせなり。グツグツ煮込まずに余熱のみで仕上げる。余計な野菜は入らずエノキと三つ葉のみ。鱧の出汁と松茸の香りが移ったスープがえも言えぬおいしさ。

最後は雑炊で〆。。。

シャインマスカットを使ったデザートもとても美しい。静かな個室でいい時間を過ごすことができました。

過去のとらふぐの会はこちら

 


カテゴリー 寺田町, |
1 / 1012...最後 »