三心 11月

谷町6丁目にある表記の寿司店を友人に誘っていただき訪問する。予約の取れない人気店で有名。コロナ禍からは昼間2回転だけの営業。カウンター8席のみ帰りに次の予約を取って帰るのでなかなか新規客は行くことができない。

定時に案内いただきご主人の正面に座る。シンプルなカウンター正面には木製の氷冷蔵庫が埋め込まれている。カウンターとまな板が同じ高さなのでご主人の仕事が全て見える。

座付に滋賀県の指定農家でつくる日本晴という銘柄の米を使ったお粥に削ったからすみを乗せたもの。続いて三重県の答志島のトロ鰆を皮目だけ炙ったものは山わさびをオリーブオイルで延ばしたものと一緒にいただく。ブランド鰆と言っておられた。徳島産のカワハギの肝和えはコリコリの食感に肝のまったりとしたコクが合わさってお酒が進みまくる。北海道産の大羽イワシを酢締めと芽ネギを巻いたもの。

日本酒で湯煎した雲子は酸味のある醤油だれで供される。熟成させたプリプリのクエの酒蒸しもとてもいい塩梅なり。

日本酒も色々なタイプのものを取り揃えていてとてもいい。ジャケットの面白いものやフルーティーなものからしっかりとした味わいのものまでマリアージュを楽しめた。

ご主人は手元も美しく凛とした姿で寿司を握られる。愛想も良く客に真摯に向き合う姿は見ていて気持ちがいい。

握りの扉は熟成させた白甘鯛の昆布締め。続いて脂乗りまくりの秋刀魚。苦手なマグロ赤身の代わりに鰊。一枚付のコハダはちょうどいい締め具合。富山産の白えびの昆布〆。 中トロの代わりの赤貝も身厚で香りも良くとても美味しい。

千葉産の煮ハマグリ。脂ののった天然ぶりのお腹部分を大根で巻いたもの。半茹での車海老はとても甘い。ふわふわの煮穴子。締めの昆布で締めたハーブ巻き。 関東風と関西風の玉子の食べ比べでフィニッシュ。お酒もたくさんいただいて大満足。支払いは一人25000円なり。

食後は隣の築100年の木造家屋を改装した待合でデザートとお茶をいただける。

中はとてもかっこいい空間でたくさんの作家物の器が並びギャラリーのような設え。ご主人も奥さんも帰るまで話相手をしていただき恐縮でした。

過去の三心はこちら

大阪市中央区内久宝寺町2-7-4
06-6767-0677

 


カテゴリー 谷町六丁目, 寿司 |
1 / 11