海鮮茶屋貝族料理みのしょう

西中島駅から東に徒歩5分程、ディープなゾーンを抜けた先にある貝料理の店を訪問。昭和の居酒屋を彷彿させる大箱の懐かしい作りをしていて、銭湯にあるような靴箱に靴を入れて民宿のような店内に入る。

小柄な女将さんが登場。世間話をしながらお勧めやその日入荷しているメニューを説明していただく。その説明とオススメに従って注文をお任せする。

つきだしはバイ貝の旨煮。お店のご主人は料亭出身なのでメニューも一工夫したものばかり。

牡蠣酢は相生のものを使用。新鮮でプリプリでとても甘い。。。臭みなどは全くなく最近いただいた生牡蠣では一番のヒット。。

つぶ貝のお造りもコリコリとした食感と甘みが満点。胆とヒモ部分はボイルして熱々をいただく。。なんとも贅沢な味わい。。

女将さんのオススメの鯖と新わかめのしゃぶしゃぶ。新鮮な国産の鯖は脂もあっさりしていてとても食べやすい。2割程度加熱していただくのがオススメとのこと。ポン酢も当然自家製でさっぱりしてとても食べやすい。わかめは加熱すると綺麗なグリーンに変色する。茎部分は食感が異なってさらに美味しい。。麦焼酎のボトルが1200円というサービス価格だったのでお湯割にして飲みまくる。

メインディッシュの貝焼き登場。ツノ無しのサザエ(瀬戸内などの静かな海育ちなので、丸っこい温厚な殻)天然のホタテ、千葉産のハマグリ、ホンビノス、月影貝など・・・・それぞれお酒や醤油だれをかけながらじっくりと火入れしていく。これも女将さんが世間話をしながらつきっきりでお世話していただける。。

ついでに青森産のイカのワタ焼きを所望。醤油に浸してワタを焼き込むと良い塩梅のつけダレとなる。さっと炙った新鮮なスルメイカをワタ醤油につけていただくとさらにお酒が進みまくる。

素材の良さも含めて何をいただいてもワンランク上の美味しさに大満足。

会計もリーズナブルで気持ちよく店を出ると女将さんから店先で石でカチカチっと江戸時代の切り火をしていただく。

新年早々に災難厄除、コロナ退散、運気上昇含めて身を清めることが出来ました。

大阪市淀川区西中島3-14-3
06-6304-8415
17:00~24:00(L.O.23:00)


カテゴリー 新大阪/西中島南方, 居酒屋 |
1 / 11