2021年02月

天ぷらとワイン 小島 天王寺店

あべのハルカスの南側、阿部野橋駅徒歩1分の場所にある表記の天ぷら店を一人で訪問。名古屋を中心に展開していて大阪にも数店舗。

平日だけど若い客でいっぱい。コース料理もあるけどこの日は好きなものだけをアラカルトで所望する。

ドリンクはオススメのCAVAをボトルでいただく。

最初にボイルしたツブ貝490円。。予想より美味しかったので嬉しい。続いて天ぷらが続々登場。揚げた海苔の上にマスのイクラを乗せたカナッペ190円。

アスパラの上にパルメザンチーズを削ったもの290円。海老の天ぷら5匹590円はバナメイエビを使用だけど細くて小さくて残念なり。

高級魚ぐじ290円と記されたものはウロコが唐揚げのようになってかなり美味しい。分厚い椎茸にチーズを射込んだもの390円も食べ応え満点。サツマイモ190円は普通。

レアに揚げられたホタテ貝柱に唐墨を掛けたもの390円、鳥羽産の大粒の牡蠣290円、蟹足390円でフィニッシュ。

手頃な価格でオリジナリティーある天ぷらを食すことができるお店です。

大阪市阿倍野区松崎町2-3-59

 


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 天ぷら |

まさる 2月

大阪の寿司店で一番美味しいと思っている表記の店をゴルフの帰りに一人で訪問。もう20年くらい通っているヘビーユース店。友人にもよく紹介する。。場所は駅から離れていて暖簾や看板もなく裏通りにひっそりと佇む名店。

寿司の美味しさは特筆できる・・・厳つい坊主頭の吉村店主の前に座ってマンツーマンで握りまくってもらう。飲み物は熱いお茶のみ。。。

世間話をしながらでも手を休めることなく握りまくる。私も出されたら2秒以内に口に入れる。。。

昆布締めにしているけどコリコリ食感も残したかなり大きなサイズの細魚からスタート。ご飯は流行りの赤酢ではないスタンダードな甘さ控えめのスッキリしたもの。とにかくシャリが美味しい。。続いて肝を乗せておろしポン酢で供されるカワハギ。

漬けにしてマスタードを添えた鯖。皮目を炙ったカマスもいい脂気を感じる。肝と芽ネギを乗せたキンキ。包丁をしっかり入れたコリコリの剣先いかと続く。

柔らかく炊き込んだ好物の煮鮑。北海道産の上質のバフン雲丹は期待を裏切らない甘すぎる味わい・・・。大粒のレアに火入れして出汁に漬け込んだ身厚のハマグリ。名物のブリッジ車海老。半ナマの内子を添えたワタリガニと続く。

自家製のいくら。黒胡椒を添えた粒貝もアクセントを感じる美味しさ。身厚の赤貝と名物の焼きたての鰻も美味しい。具沢山の袱紗卵と続く。。

新鮮極まりないエッジの立った小柱、醤油をつけて炙った帆立貝柱、ふわふわの煮穴子、キャベツと茗荷の巻物でフィニッシュ。

食事時間25分1本勝負でした。。値段は新地やホテルの半額。。。最高です!!

過去のまさるはこちら

大阪市浪速区下寺2-3-10
TEL:06-6649-7227
営業時間:平日 17:00~翌2:00 日祝 17:00~23:00
定休日:水曜日

 


カテゴリー 四天王寺前夕陽ヶ丘, 寿司 |

えんどう寿司

中央卸売市場のマグロを視察に行った帰りに表記の店を訪問。私どもの元社員君もお世話になっている先輩のお店。

場所は中央市場のゲートを通って、時計台を正面に見て左側に位置する。
車はお店の前の駐車エリアに停めることができる。

こちらは明治40年創業の超老舗寿司店。握りではない「つかみ寿司」で酢飯をおもむろにつかんでネタと一体化させる技で有名。コロナの前は外国人の大行列。

ほとんどの客が「上まぜ」という5カン乗った寿司1250円を注文。赤だし400円もかなり美味しいので注文するべし。

苦手なマグロを抜いていただく。一皿目は大根おろしを乗せたハマチ、コウイカ、鯛、雲丹、ふわふわの煮穴子。。

2皿目は炙った太刀魚、サヨリ、コリコリのホタテ、赤貝、カニ身と続く。

3皿目は柔らかく炊き込んだ蛸、締めた鯵、煮アワビ、そぼろを足した海老、卵焼きでフィニッシュ。5皿までいただきたかったけどギブアップ。。上質でかなり美味しい市場の寿司です。早朝5時から昼過14時すぎまでの営業。

大阪市福島区野田1-1-86

 


カテゴリー 野田/玉川, 寿司 |
1 / 1012...最後 »