2021年03月

3月雑記

市中の桜も満開になってきました。3月も私の駄文を見ていただきありがとうございます。日記掲載店以外のお店を忘備録として記載いたします。最近この雑記が楽しみと言われる読者様もあり、こそば恥ずかしい気分です・・・

歯科検診の後でランチで北新地にある「天ぷら木坂」の天丼1000円を所望。大振りのブラックタイガー海老が3本と白味魚。。薄衣で丁寧に作られているのでとても美味しい。海老もプリプリ。。夜は8000円のコースから。。

玉出の会津屋のたこ焼き。カリトロの食感。。酢醤油をつけていただくのが好み。。ビールがあると幾つでも食べてしまう。。この日は大皿2枚注文。。

 

北加賀屋駅前「俺の名はJ」の豚骨醤油ラーメン790円。白濁した豚骨スープはとてもスッキリした味わい。。豚骨は苦手だけどこの店のは好み。。

住吉大社前にある老舗鰻店のいづもや。鰻よりも年季の入りまくったお店全体が見どころ満載。微妙に傾いたテーブルや黒電話など。なんとも言えないどんよりとした照明。お品書きの渋さは比類がない。ちなみにこちらは600円からうな重がいただけます。

大国町の天粉盛の名物のカツカレーうどん1100円。カツはとても柔らかくて衣もきめ細かくてカレー出汁によく馴染む。うどんは切りたて湯がきたてにこだわる。接遇の上質さは大阪のうどん店では比類なき素晴らしさ。

最近のスシローは新商品が目白押し。とても勉強になる。。雲丹を醤油ダシで漬け込んだ「漬け雲丹包み」は独特のミョウバン臭さがあまり気にならない。

締めた鱒を箱寿司、レモン味、デフォルトの3種類のスタイルで楽しむことができる「富山鮨し人流鱒の介寿司」思いの外、脂っ気があって美味しいと感じた「蕩けるアブラボウズ」ビジュアルが素晴らしい「キングサーモンのおはぎ」など・・・この日は食べ過ぎで一人で3300円の会計なり。

南海線の難波駅構内にある寿司とおにぎりを合わせたような商品のむすび寿司なるものの専門店。持ち帰りとイートインができる。スシローの新業態とのこと。。なかなか難しいね・・・

吉野家で牛丼小盛り365円を注文して、オプションで牛皿332円とネギ山椒と豚皿332円と半熟卵85円を注文して牛→豚→葱→牛→卵の順にミルフィーユ状に盛り付けする。最初はビールと一緒に肉をいただいて途中からスプーンでかき回して一気にかきこむ。それぞれ味の変化があって楽しい。名付けて「ペロペロ丼」会計は1232円でした。。

プチ同窓会で25年前に外国で購入した生まれ年(1964年)のワインを持参する。なんとか抜栓できたけど不気味な濁りのある液体はアルコールが抜けて養命酒のよう。

スケジュールの合間に急いで入ったインディアンカレ−780円。甘くて辛くてルーの粘度もちょうどよくて完成度がかなり高い。座ればすぐに出てくるのも嬉しいね。

天満橋のワインショップサルビスにて試飲会。シャンパン2種と白・赤それぞれ2種類、最後にオレンジワインなど店主の野口氏がセレクトした個性的なものばかり。。チーズなどのつまみもついて2000円の会計にびっくり。。恐縮しながら店を出る。。

南船場でランチタイムにハラミの焼肉重1000円。肉は柔らかいけど独特の臭みあり。。有名店なのに残念なり・・・

4月もよろしくお願いいたします・・・


カテゴリー 未分類 |

焼肉 やっちゃん 3月

今大阪市内で最もノリに乗っている表記の京橋の焼肉店を大阪城でランニングをしたあと訪問。JR京橋駅から徒歩2分の好立地。開店から終業までずっと満席が続く超繁盛店。
カウンター14席のみのお店なんだけど全てのお客さんを店主のやっちゃんが抜群の気配りとコミュニケーションを持って対応。現在京橋の本店を含めて東京や大阪、神戸で店舗展開中。

メニュー数はたくさんないんだけど脂たっぷりの厚切りタンとハラミの美味しさは比類がない。肉は全て注文されてから塊からいちいち切り出す。1人前が200gで他店の3倍の量が盛り込まれる。

店主のやっちゃんは結構オラオラな感じにも見えるけど実は細やかな気遣いもあってとても良い方。トークの楽しさもお店の魅力の一つ。

まずは丁寧にした処理された生センマイを所望。これはポン酢で供される。続いて名物の豪快な厚切り塩タン2200円。。しゃくしゃくの食感がとてもいい。ハラミ2200円は半分はわさび醤油でいただいて半分はタレ焼きにする。ホルモンミックスは新鮮なハート、アカセン、脂たっぷりのテッチャンの3種盛り合わせを特製スパイスにつけていただく趣向まったく癖がなくいくらでも食べ続ける事ができそう。この日も大満足。。ごちそうさまでした・・・・

過去のやっちゃんはこちら

大阪市都島区東野田町3-1-3
090-4279-1864


カテゴリー 京橋, 焼肉 |

こざき 3月

昭和町駅北に300mにある表記の天ぷら店を定期訪問。カウンター8席だけの小体なお店なんだけど季節ごとに変わる食材と綺麗な仕事とリーズナブルな価格がお気に入り。

完全な家族経営でご主人とお母さんとお父さんと女性のバイトで切り盛り。この日は年配のお母さんが普段温和なご主人に叱られている姿がかわいそうな感じで見てられなかった。

最初にビールを注文し、かき揚げのついた季節がわりのお任せコース10品4000円をいただく。

先付けは一寸豆を炊いたもの。出汁の加減がちょうどいい。天ぷらの扉は車海老の脚の唐揚げと鱚の中骨、穴子の骨の唐揚げから。続いてしっとりした優しい衣の加減が特徴の車海老、紅ズワイガニと続く。春らしい山菜のこごみ、たらの芽も独特の苦味がなんとも言えない。途中で山椒の入った大根おろしが出てきてそれにつけていただくのもいい。

後半戦は身厚のふわふわの鱚、氷で締めても油の中で暴れまわるアマゴ、富山産のホタルイカ、大きな蕗の薹、シャキシャキのレンコン、対馬産の穴子と続く。追加で車海老を3本いただいて締めのかき揚げでフィニッシュ。お腹いっぱいごちそうさまでした。

地下鉄北加賀屋駅1番出口の駅員室前に定期的に貼られている達筆な書は地域住民の名物になっている。。大阪メトロもなかなかやるね。。

過去のこざきはこちら

大阪市阿倍野区松崎町4-11-38
06-6628-0063
営業時間17:30~21:30


カテゴリー 昭和町, 天ぷら |
1 / 1012...最後 »