タント

尼崎の有名老舗スパゲティー専門店を訪問。阪急塚口駅の南側 さんさんタウン2番館1階に位置する。

パスタという言葉がない1978年に創業。地元民では知らない人はないと言われている。
創業時は、今の店の横にある狭いスペースが昔の店舗(今も倉庫として現存)で現在はかなり大きなお店となっている。

店内は昭和の老舗感がいっぱいで厨房側、壁側にかけてカウンター席が並び、中央に10席分のテーブル席がある。こちらのお店の看板メニューの「なすとベーコン935円」を所望する。

注文してから10分ほどで着皿。素揚げしたナスと脂身のないハムのようなベーコンが麺の上にたっぷりと飾られる。ビジュアルは昭和の風情。麺はかなり細めでガーリックの香りがする。和風のようなブイヨンのような白ワインも入った変わった味わいで上に乗せられた揚げ茄子のせいか麺がかなり油っぽい。

調味料にかなり多くのMSGが入っていて上顎に独特の染み付くほど。この大衆的なパンチのある味わいはクセになる人が多いというのも理解ができる。ランチタイムはいつも満席の地元の人気店。ごちそうさまでした。

尼崎市南塚口町2-1-2-112 塚口さんさんタウン2番街
平日(月~土) 11:00~23:00 日・祝祭日 11:00~21:30
電話番号 06-6427-8179


カテゴリー 兵庫県, イタリアン |
1 / 11