いわや

休日に丹波篠山に食材の視察と陶器を見に行った帰りに表記の店を訪問。

篠山では料亭の近又と並ぶ猪鍋の有名繁盛店。篠山の街から車で20分くらいの田んぼと畑しかない農道を通って店に向かう。松茸も有名だけどこの日は入荷なしとのこと。

茅葺屋根のお店の入口には先客萬来の木札と大きな猪の剥製が鎮座。店内にもいくつかの猪の剥製が飾られる。大小の囲炉裏のある板の間の大広間が客席でほとんどの客がこの時期ならではの「ぼたん鍋5400円」を注文されていた。

ビールとともに突き出しの篠山名産の黒豆の枝豆が提供される。栗とともに篠山の秋の名産となっている。猪肉(写真は2人前)は子供を産んでいない3歳のメス猪を一頭買いして提供とのこと。同じ猪でも個体差があって仕入れで味わいが大きく変わると言っていた。

シニアの配膳スタッフさんのいう通りに最初に猪肉を全て味噌鍋へ投入する。続いて山芋や大根等の根菜類を投入。ひと煮立ちしてからは葉野菜や葱等を投入して、更にひと煮立ちすればいただけるとのこと。

数種類の味噌を合わせた出汁は全くアクが出ず、煮詰めても辛くならないのが不思議。
あっさりした味噌出汁と旨みたっぷりの脂身を纏った猪肉との相性が抜群。猪肉は噛み応えもあって脂身も全くしつこさを感じない。。当然のことながらイメージする嫌な癖や臭みは全くない。カロリーも牛肉の半分くらいでビタミンBが豊富で高タンパク低カロリーとのこと。

猪肉以外でも手作り感のある適度な噛みごたえのこんにゃく、黒豆豆腐、地元特産品の山芋、白菜、大根をはじめとする野菜の美味しさは特筆もの。
オプションでアマゴ塩焼き600円を所望。串刺しにされたピクピクと動くアマゴを囲炉裏で焼き上げる。片面20分ずつ炭火で焼き上げると骨までいただける。

最後は自分の田んぼで作るコシヒカリを使ったご飯。丹波産のコシヒカリはブランド米で価格もトップレベル。お鍋の中に生卵を入れ2分くらい煮立てて半熟になったところを白いご飯の上にONする。猪肉と野菜のエキスが染み出た味噌味の黄身ご飯は驚くくらい美味しい。春は地元でとれる山菜鍋がお勧めとのこと。

過去のいわやはこちら

兵庫県篠山市火打岩495-1
079-552-0702
営業時間 11:00~20:00
定休日 4月~9月(毎週木曜日)10月~3月(無休)


カテゴリー 兵庫県, |
1 / 11