2022年02月

稲家 2月

北新地にある表記の和食店を訪問。オープンしてからほぼ毎月伺うヘビーユース店北新地の永楽通りのステーキロンのある北新地プレイスビルの7階に位置する。同ビルには「纐纈」「ぬま田」「TOMONO」など人気店があるために18時頃になるとエレベーターに乗り込むのが困難になる。

35歳のご主人はミシュラン店の「植むら」で6年間修行をされて新地に進出。お店はカウンター8席のみでご主人と若い調理師さん2名とソムリエの女性で切り盛り。。18時と21時の2回転制。料理はコース18000円(税サービス別)のみ。飲んで食べて一人3万円くらい。事前に苦手な食材があれば配慮していただける。

座付は三島焼の器に茶碗蒸しのようなものが入る。干し貝柱とフカヒレの餡がかかる。。

2品目は帆立貝柱の真薯。。あしらえは三度豆と浜防風。。透明感のある出汁のキレがとてもいい。かなり上質の昆布を使用。

刺身は河豚のたたき。底には河豚皮と河豚の白子が敷かれていて、それを混ぜていただくという贅沢な趣向。

メヌケの炭火焼。。脂がのってかなり美味しい。この時期はノドグロがよく出てくるけど食材を選ぶセンスもとてもいい。甘酢につけたリンゴとホワイトアスパラガスが添えられる。

生湯葉を薄揚げで巻いて揚げたもの。。日本酒との相性がとてもいい。

旬菜のみぞれ餡、自家製からすみ掛けはシャルドネワインと合わせる。。選んだワインがいまいちでもっとお金を出せばよかったと反省。。

カウンターの中の銅鍋で仕立てられるのは河豚鍋。。綺麗に取り分けいただき供される。

この日の食事は釜炊きご飯で穴子ご飯。菜の花と一緒に炊きこまれる。

最初にやわやわの白ご飯を一膳。

アナゴご飯。。

河豚鍋の出汁を使って雑炊。。

名物の牛時雨ご飯。。

デザートは自家製のアイス。。終了までちょうど2時間でした。。ごちそうさまでした。。。

帰りは店の近くのウイスキーバーを訪問、こだわり満載のかなり楽しい店でした。。

過去の稲家はこちら

大阪市北区曽根崎新地1丁目10番2号
06-6341-3177

 


カテゴリー 梅田/JR大阪, 和食 |

大衆酒場 さわ村

大阪メトロ肥後橋駅徒歩3分、四ツ橋筋から東に入り阪神高速の高架を渡ってすぐの高架沿い近くに位置する表記の居酒屋を友人と訪問。椅子のある立ち飲みのような感じで界隈ではいつも満席の超人気店。店内は一部テーブル席と厨房を囲むようにコ字カウンター席がしつらえられている。カウンター内は男性2人で切り盛り。まさにライブキッチンの様相。。

サッポロの赤星瓶とともに梅水晶(実はこんなアテも好き・・)表面を炙った宇和島産のじゃこ天 カレー味の手羽先焼き、名物のおでん、頭がちぎれそうになるくらい激辛のソーセージなどをいただく。スタッフさんの目配りも良くて、しかも安くて美味しい客本位のいいお店です。

以前のさわ村はこちら

大阪市中央区道修町4-7-1
11:00-15:00
17:00-23:30
定休日 日曜日


カテゴリー 肥後橋, 居酒屋 |

だし処 船場山本

南船場に昨年12月中旬にオープンした表記の店をランチタイムに訪問。裏嘉永元年創業で170 年以上の歴史をもつ昆布の老舗「小倉屋山本」が経営する出汁にこだわった小料理店。

細く長い路地の奥にお店は位置する。同じ建物に鮨 とよたか、焼鳥 サイヒとスナックのよすかという3店舗の飲食店がある。

店内はオープンキッチンのカウンター席5つとテーブル席が2卓。ランチタイムは店名のだし処船場山本御膳1800円、日替わり御膳900円(限定10食)、昆布じめとだし巻き御膳1200円、とり天とだし巻き御膳1200円などがある。

この日は昆布締めと出汁巻き御膳1200円を所望する。

焼きたての大きな出汁巻きと鯛と鰆の昆布締めなどからなる。おひつに入ったご飯がとても美味しい。

途中で熱い出汁の入った急須が出てきて塩昆布と昆布締めと一緒に茶漬けにしていただく。ごちそうさまでした。。

大阪市中央区南船場4 丁目10-22


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |
1 / 912...最後 »