有馬六彩 日本料理 澪理 4月

六甲山登山の後、有馬温泉にある表記の会員制ホテルの和食のダイニングで早めの夕食をいただく。温泉で汗を流してお腹ぺこぺこで三田牛の石焼きのついたコースを所望する。

レストランからの眺望は抜群で料理は品数は少ないけれど端正な盛り付けと美味しい地酒などもあり大変満たされた時間を過ごす。

桜をイメージした先付けは糸もずくの土佐酢、菜の花の押し寿司、桜の葉で巻いた鯛の子、土筆に見立てた牛蒡、蕨に見立てたパンのようなもの、一寸豆と海老の炊いたもの、生麩で作った三色団子など。。

煮物椀は海老と筍の真薯の澄まし仕立て。蕨と人参が添えられる。

刺身は鯛とカンパチ。特にどおってことはない・・・・

石焼きにして供される和牛。ニンニク醤油やわさび、ピリ辛味噌などをつけていただく。肉はとても柔らかく美味しかった。。

シークワーサのシャーベットで口直し。

豆ご飯と赤だし。。

甘夏柑と桜もち。桜餅が出来合の物なのが残念。ごちそうさまでした。。。

兵庫県神戸市北区有馬町341


カテゴリー 和食, 神戸市 |
1 / 11