新喜楽 東店

梅田の表記の店で友人と会食。御堂筋線 梅田駅と連絡路で繋がっている「新梅田食道街」の一角に位置する。年季の入った昭和感満載のカウンターだけの店で天ぷらが有名な居酒屋のような和食店。いつも満席で熱気がある繁盛店。こちらのお店が40年前に法善寺横丁で高級和食店としてあった時に親と一緒に訪問した記憶がある。

最初に生ビールで乾杯しておすすめを聞きながら好きなものを注文する。

カウンターの中では白衣を着た職人さんが料理を作り、接客はベテラン女性スタッフの担当。このスタッフさんの対応が人懐っこくて、必要以上に親切で面白くて、大阪らしいということで県外の客の常連率がかなり高いことで有名。(出し巻き卵を注文すると食べやすいように箸で切ってくれるなど・・・)

メニューは無くて注文はスタッフさんがお盆に乗せて持ってくる「見本」を見ながらオーダーする。初めての客は見本と分からずにお通しの小鉢と間違えることが多い。

最初に筍の炊き合わせを所望する。料理はかなりちゃんと作られている。。

まずは天ぷらを色々いただく。稚鮎の天ぷらはワタの苦みがとてもいい。ビールのアテにぴったり。

続いてミックスかき揚げを所望する。天ぷらの技術はさすが。。

「熱いから一口に切ってあげる」と言いながらお世話してくれるだし巻き玉子。

「ウチの店に来たら絶対注文しないとダメ」と言われる名物の鴨鍋。昆布と鰹の汁に、鴨肉、青ネギ、豆腐を卵とじにしたもの。見た目の通り薄味であっさりとしている。

大好きなエビの天ぷらを大量に注文してハイボールとともにいただく。。接客のおばさんの世話が面白すぎてお酒も飲みすぎてしまう。。

店を出てすぐ近くの老舗洋酒バーの「北京」でワインをいただきながら名物のエッグをいただいてから自宅に帰る。

大阪市北区角田町9-29 新梅田食道街


カテゴリー 梅田/JR大阪, 天ぷら |
1 / 11