Ikedaya BBQ 9月

阪堺線東天下茶屋駅隣接の表記の店を訪問。8月に自宅をこちらのお店の近くに越したのとお得なドリンクのサブスク(1ヶ月680円で全てのドリンクが何杯飲んでも1杯220円)で訪問頻度が高くなっている。

店名通りBBQ料理がメインなんだけど生産地から直送の珍しい野菜などがかなり美味しくていつも食べ過ぎてしまう。この日は沼津や京都、山梨産等のクラフトジンを220円の割引価格ででいただきながら小皿に盛り込まれた前菜と和牛ビーフステーキを楽しむ。

豪快なBBQ料理も美味しいけれど季節で変わる小皿料理と称するものもかなりレベルの高いものばかり。一皿550円で3つで1200円という内容を見れば決して高くはないサービス価格。最初の一皿は季節の「果物のピクルス」でこの日はシャインマスカットを柿を使用。上にはフレッシュなチーズを使ったソースがかかる。続いては低温調理した鶏ハムに賽の目に包丁した酢漬けの野菜をのせてポン酢をかけたもの。

仕上げにバーナーで炙ったアンチョビポテトは自然派の白ワインにぴったり。続いて大きなサイズの蛤に絶妙な火入れをしてガーリックの効いた濃厚なトマトのソースを掛けたもの。柔らかくボイルした鮑に春菊のローストをかけたもの。ソテーしたホタテと海老とジャガイモにケールで作ったソースを掛けたもの。どれも独創的でかつ丁寧な仕事が施され、かなり美味しい。

黒毛和牛のランプ肉1200円/100gはシンプルな盛り付け。炭の香りも食欲をそそる。赤身肉なので適度なかみごたえと、しっかりとした肉の味わいを感じることができる。以前は牛肉をカジュアルに食べたい時には天王寺の「いきなりステーキ」によく行ってたんだけどせっかくポイントを貯めていた肉マイレージが使えなくなったり、ステーキがやたら筋張っていたりするようになって足が遠のいた経緯がある。

こちらのお店は牛肉のみならず豚や鷄という選択肢もあってとても重宝する。併設のベーカリーでは天然酵母を使った作りたてのハードサワー系のパンも売っています。

ディナーをしていない日もあるので電話で要確認。

過去のikedaya BBQはこちら

大阪市阿倍野区阿倍野元町6-25
火曜日定休


カテゴリー 東天下茶屋, その他料理 |
1 / 11