すし豊 9月②

9月初旬に訪問した表記の店を再訪する。前回いただいた鮎が印象的で美味しすぎた為、シーズン終了前にもう一度所望する。

最初は水槽で泳ぐ有田産の鮎の刺身。添えられた蓼の先の実を少しかじりながら新鮮な身を燗の樽酒とともにいただく。続いて鮎の一夜干し。前回は泳ぎ鮎の塩焼きをいただいたので今回は干した鮎を所望。香りは少ないけど干し魚ならではの期待通りの旨味の強い味わいに大満足。甘みのある醸造酒との愛想もとてもいい。刺身にした鮎の頭と中骨とひれ部分の唐揚げも酒肴にぴったり。

最後はメインディッシュのうるか味噌。小さく摘んで旨味の後の苦味を感じながら樽酒を含むとなんとも膨よかな味わいに変化する。このうるか味噌だけで日本酒5合は飲めそうな感じがする。

酒肴で日本酒を飲みすぎて肝心の寿司がお腹に入らないのが玉に瑕。脂のりのいい平目の縁側はもみじおろしとポン酢で、強めに酢でしめた大きなコノシロ、ハリイカの新子は丸々一匹を使用。トロトロ食感の鯖のヅケ、軽く炙ったカンパチ、スフレ状のふわふわ穴子でフィニッシュ。

お酒が残っていたのでハリイカの新子のゲソを最後にいただく。

前回を含む過去の訪問記事はこちら

大阪市阿倍野区王子町2−17−29
06-6623-5417
営業時間:17:00~24:00
定休日:木曜日

 


カテゴリー 東天下茶屋, 寿司 |
1 / 11