ピッツエリア ラ・ゴロセッタ

南船場にある表記の老舗ピッツエリア店をランチタイムに訪問。長堀橋駅から北に徒歩7分くらいの場所に位置する。細長い店の1階がカウンターで、2階がテーブル席でカウンターの前に厨房があり、カウンター席からはピッツァを窯で焼いている様子が見える。

こちらのオーナーは脱サラ後に1年間ナポリで修行した後に2006年7月にこの地で開業とのこと。

お店の奥に鎮座する石窯は修行先と同じナポリ製の「GIANNI ACUNTO」社のものをわざわざ取り寄せたらしい。メニューはマルガリータやナポリターナ、ディアボラ、ビスマルクなど定番のものから釜揚げシラスや北海道産のフルーツトマト、アスパラガスやロースハム、ポルチーニ茸などを使ったシーズナルメニューまで色々。

ワインと一緒にいただける料理もあって夜も楽しめるようになっている。この日いただいたのはマルゲリータにサラミと唐辛子の入ったもの1500円(名前は忘れた)

チーズはあっさりした牛乳製と濃厚な水牛のモッツァレラを選ぶことができる。

しばらくして提供されたピッツアは小麦の香りも良くて耳の部分もいい色に焼けていてかなり美味しそう。サラミの辛味もちょうど良くて一気に完食。隣の席の老夫婦は「美味しい」と言いながら2人で3枚食べられてました。

次回は夜に訪問予定です。

大阪市中央区南船場2-8-13
tel06-6264-1225
営業時間11:30-14:00
18:00-22:00(火-土)
17:30-21:00(日祝)
定休日月曜日

 


カテゴリー 長堀橋, イタリアン, その他料理 |
1 / 11