元祖平壌冷麺屋 本店

創業1939年の神戸では冷麺と言えば此方の店と言われる位の有名店。長田郵便局の真向かい。店の隣に駐車場あり。。近辺に支店が2店舗ある。この日は行列はなかったが2階の席まで超満席。

冷麺は特大が950円、大800円、小650円、ロース焼肉の入ったスペシャルは1200円。

麺は蕎麦粉と小麦粉のブレンドで注文が入ってから作るとの事。10分で着丼した冷麺はビジュアルがとにかく美しい。しゃきっとした塩辛い水キムチ、程よい脂と噛み心地のチャーシュー、胡瓜、玉子、胡麻、唐辛子がかかる。

酸味の効いたスープは薄口でさっぱり。太目の麺はツルツルして透明でよくある灰色のゴムのような感じではなく適度な固さと弾力。最後まで一気に頂いたんだけど隣の常連の客は途中で酢を3周入れて洋辛子を3杯とヤンニンジャンを少し入れてスープが黄色くなる状態で食べていた。。

次回はこの食べ方を真似てみようと思いながら店を出る。お酒を飲み過ぎた次の日のランチには最適。。

神戸市長田区細田町6-1-14
TEL:078-691-2634
営業時間:11:30~20:00
定休日:火曜


カテゴリー 麺料理, 神戸市 |

梵平(ボンベイ)

中津にある標記の店でひとり昼食。阪急中津駅から徒歩3分。前にコインパーキングあり。周辺は有名カレー店が混在する激戦区。

センスのいい個性的な暖簾をくぐると居酒屋のようなコの字カウンタ−。和風な店内は夜はウメキチという居酒屋で昼のみの間借り営業とのこと。ご主人1人で営業。

メニューはスパイシーキーマカレーと梵平ミックスカレーの2種類。この日はレモンポークカレーとの合い掛けを所望。仕上げにカウンタ−の上のピクルスやスパイス等を投入。提供時間3分なり。

ご飯少ない目とリクエストしたがポリュームたっぷりの大皿登場。左にスパイシーキーマ、右にレモンポークカレーが掛けられたものでビジュアルも美しい。ご飯は日本米で手前はアチャール。スパイスの香りもしっかりと感じて思ったよりもあっさりとした味わい。キャベツのピクルスも秀逸。途中までそれぞれの味わいを楽しんだ後、残りはすべてをかき混ぜてカオス状態にして頂く。

色々な味や食感が混ざりあって何とも言えない、何物にも代え難い美味しさ・・・・スパイスカレーの醍醐味は味の異なるカレーをピクルスやアチャールと混ぜ込んで頂く事と再認識。再訪間違いなしのお気に入り店。

大阪市北区中津3-17-3
06-6372-2014
営業時間: 11:00~14:00(L.O)


カテゴリー 中津, カレーライス |

川上商店

木津市場の標記の店で昼食を頂く。営業時間が早朝から午後までの通し営業なので朝食やブランチにもいい。
若いときは軽トラで仕入れにきてその帰りによく朝ご飯に鰻丼800円を頂いた記憶がある、その当時は店名は「伊賀治」といっていた。店舗の横の作業所で卸し用の鰻も早朝から焼いていてそれを見ているのも楽しい。大きな看板には「まむし」と書かれているのが大阪らしい。

店内はカウンター3席とテーブル席4つ。
鰻の焼きは紀州備長炭を使った大阪伝統の「地焼き」にこだわっている。鰻の身も分厚い物ばかりで商品のクオリティーは文句なし。私どものお店も商売でいい鰻を使う時はこちらのお店のものを使わせていただいている。

メニューは
特上まむし 2600円
上まむし  2100円
まむし   1600円
うな玉丼  2300円
他にうざく900円・う巻き300円・かば焼き1900円。

特上は鰻一匹分を使用。上は4分の3を使用。
本町の老舗鰻店の約半額。この日は上まむし2100円と肝吸い300円を所望する。

円柱形のプラスチック製の蓋付き器とお漬け物。
地焼きされたものを分厚い鉄板で再加熱。
かなり分厚い身がご飯の上に2切れと尻尾部分がご飯に挟まれて1切れ入る。炭の香りのするぷっくりと膨らんだふわふわの鰻は皮はぱりっと香ばしくて小骨もしっかりと焼き切っているのでとても食べやすい。タレは甘すぎずサッパリした感じ。最高の材料を使用しているのでボリュームだけでなくクオリティーの満足感もかなり高い。一度蒸してから焼き上げるふわふわの江戸焼きよりも鰻を食べているなという感が強い。

早朝のモーニング鰻も一日のスタートにいいと思う。領収書があれば駐車場は無料。

浪速区敷津東2-2-8大阪木津地方卸売市場内
06-6634-5910営業時間
AM5:00~PM:1:00


カテゴリー 大国町, |
2 / 940« 先頭...23...20...最後 »