ホーチミン2020 1月 ①

本年初のホーチミン視察。ランチタイムに地元の友人にベトナム料理のランチをご馳走になる。ベトナム料理といってもピンからキリまであってなんとなくいい店とイマイチの店がわかるようになってきた。

何を食べてもハズレのないと言われていて地元に人で混んでいる評判のいいベトナム料理店。市内に複数店舗展開。。

一見たこ焼きのようなビジュアルなんだけど魚のすり身にお米を貼り付けて揚げていて食感もパリパリしてとても美味しい。

かぼちゃの花のようなものを炒めたもの。。驚くほど美味しい。。。路地野菜が豊富でおしなべて味が濃い気がする

淡水魚を輪切りにしてあんかけにしたもの。味はとても淡白で柔らかい。

エビと玉葱の炒め。。エビの養殖が盛んなためにエビ料理もとても多い。

続いて夜はホーチミン市内中心部にある「シークレットガーデン」というお店を訪問。

路地を入った隠れ家ビルの屋上に位置する。オープンエアなので風が店の中を抜ける。料理もリーズナブルで飲み物込みで3000円くらい。階段を使って屋上まで登るのは一苦労。店名通り看板などは一切ない。

アジアンらしいインテリアが特徴で夜はいつも満席とのこと。まずは揚げ春巻きとベトナムビールを所望する。

続いては肉の炒め。。赤身肉だけどパサつき感は全くなくてとても柔らかい。下に敷かれた構想と一緒にいただく趣向。

日が暮れるととても幻想的になる。伝統的なベトナム料理から創作したような現代的な料理まで幅広いメニューとなっている。一品の価格は350円から500円くらい。

看板メニューの豚の角煮とゆで卵400円

イカの炒め。。。タイ料理のように辛くなくておしなべて優しい味わいなので食が進む。予約必須のお店です。


カテゴリー 海外, その他料理 |

ホテルモントレグラスミア 神戸

えべっさんの帰りに難波の表記のホテルの鉄板焼きを食しに行く。京セラドームを臨む西向きのカウンター席で景色、景観は素晴らしい。この日は和牛の5800円のコースを所望する。

座付は白菜とサーモン、パンナコッタ。。

前菜が鰹のポン酢ゼリーがけと鯛、イクラのサラダ。ビジュアルのとても美しい。。

この日はヘレ肉を所望。思いの外、上質で丁寧に焼いていただけてありがたかった。リーズナブルで美味しいんだけどいつも空いているのでとても使いやすいお店です。

毎年一番可愛い福娘さんにお札をつけてもらうというささやかな楽しみ・・・

明日から弾丸でベトナムに行ってきます。。数日日記も休みます・・

カテゴリー 難波, 鉄板焼 |

ひろせ 1月

毎月献立が代わる月初に伺う心斎橋にある表記の店を訪問。以前はコース料理8000円だったんだけど最近食材の高騰により10000円に価格変更。しかしながらその分内容もグレードが上がって満足度もさらに高まった気がする。

店の内装や店主の経歴は過去の記事を参照いただければと思います。

最初に麦焼酎の水割りをいただく。座付は菊芋のすり流し。中には菊芋の角切りを揚げたものが入る。冷えた身体が温まるありがたい逸品。

続いてはエイの頬肉の竜田揚げ。プリンプリンの食感でとても香ばしい。ありがちな癖は全くない。あしらえは正月らしい唐墨大根と一寸豆。

この日は日本酒を所望。熟成感と旨味たっぷりの丹澤山と香り高くてやんわりとした旨味の黒龍のしずく。。。どちらも希少商品。。

名物の刺身は下からプリプリの皮付きの鯛、平目、鰆の錦糸巻き、平目の龍皮巻き、皮付きのハリイカ、平目のあん肝和え、鰤、皮目を炙ったカマスの8種盛り。。日本酒が進みまくる。。

煮物椀は蟹真薯と鏡大根、鴬菜、新筍、柚子。。出汁の美味しさは秀逸。。

炭火で丁寧に焼き込まれた真魚鰹。。皮目はパリパリで身はしっとり。牡蠣味噌でいただく。あしらえは海老芋と縮みほうれん草。

伊万里焼の器に入った炊き合わせは伊勢海老を揚げたものとれんこん餅。カリフラワーの餡で供される。

酢の物で菊菜、数の子。チシャ軸、いくら、雲丹の盛り合わせ。。

この後、牛頬肉の煮込みがあったんだけど写真撮り忘れなり。

黒米と黒豆で作った赤飯。黒豆の柔らかさにびっくり。。

デザートは大ぶりのイチゴと黒豆の餡。。

帰りはいつものメキシカンバーでテキーラを飲んで電車に乗る。。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |
2 / 1,193« 先頭...23...20...最後 »