連れてっ亭

住之江公園駅近くの表記のユニークな店名の洋食店をランチタイムに訪問。ローカルの家族経営のお店で喫茶店のような内装。店内はカウンター4席とテーブル席が4卓で13席です。カニクリームコロッケが有名らしいので海老フライとのアソートセット1380円を所望する。


まずはメインのカニクリームコロッケに箸を入れると中身がとろりと流れる。衣は薄めで柔らかめ。クリームはとてもミルキーでカニの香りもしっかりと感じることができる。ソースは素材の味を邪魔しないあっさりしたもの。久しぶりに美味しいと思うクリームコロッケをいただいた。海老フライもブラックタイガーをその都度伸ばして衣をつけているのでプリプリの仕上がり。地元の佳店です。

大阪市住之江区南加賀屋2-12-2
営業時間:月,水~日 11:30~14:00,17:30~22:00
定休日:毎週火曜日


カテゴリー 住之江公園, 洋食 |

ひろせ 11月

心斎橋にある表記の和食店を訪問。毎月献立が変わるのでそれが楽しみで2年くらいずっと通っている。たびに伺うのが楽しみ。カウンター6席とテーブル席2つ。献立はコース10000円のみ(以前は8000円)。ミシュラン店の「ゆうの」で修行された寡黙なご主人の丁寧な仕事ぶりを目の前で見ながら食事をするのが最高のご馳走。

先付けは松葉蟹、いくら、菊菜、とんぶり、松茸の和え物。蟹味噌を混ぜたジュレかかかる。いつも最初の一品が美味しすぎてノックダウンなり。。

続いてタラ白子のおかき揚げ。。サクサクの衣の食感と熱々トロトロの白子の対比が面白い。柔らかく仕上げられた蒸し鮑の肝添えと丹波の黒豆。

刺身は右から天然鯛と湯引きにしたものの昆布〆、細魚の大葉鋳込み、平目の奈良漬巻き、うおぜの湯引き、生のホッキ貝のマスタード添え、皮を炙った伝助穴子と鰆。これだけで日本酒が3合くらい飲めそうな感じ。

椀物は鯛の真薯と走りのかぶら。舞茸と軸三つ葉が添えられる。しんみりとした出汁の塩梅がとてもいい。

鰆の味噌漬けと原木椎茸の焼き物。金針菜と筍が添えられる。里芋を裏ごしたソースが秀逸。

車海老と柿とクレソンの胡麻和え。こういった普通の料理が普通より美味しい。。。

ミスジ肉のたたき。。炭でじっくりと肉を休ませながら火入れしているのでとてもしっとりとした食感。和風の赤味噌を使った角の取れたソースととても相性がいい。。

食事はカマスご飯。マコモ茸も入る。

デザートはサツマイモと南瓜の羊羹とイチジク、ピオーネ、国産の洋梨。。会計の時にこれだけの内容でこの値段といつも敬服する。。

おせち料理も2段で45000円でされています。(15個限定とのこと)私の知りうるおせちで一番コスパがいいと確信しております。。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |

アートホテル大阪ベイタワー

知人の黄綬褒章受章の祝賀会に表記のホテルを訪問。200名を超える来場者でフルサービスのコース料理。

前菜は渋皮栗とかぼす釜に入った白和え、いくらと干し柿の和物の秋を感じさせる3種盛り。椀物は蟹真薯、軸ほうれん草、大黒シメジなど、お造りは鯛、横輪、帆立貝柱など、魚料理はクエのローストに焼いたポワロ葱をピューレにしたもの、肉料理はフィレ肉の赤ワインソースと真菰茸、食事がサーモンと白身魚の祭り寿司。

美味しくいただきました。。

 


カテゴリー 弁天町 |
2 / 1,173« 先頭...23...20...最後 »