酒呑ありお

8年くらい前にボクシングにはまってジム通いをしていた。仕事が終わってからプロと一緒にサンドバッグを打ったりシャドウをしたりスパーリングをしたりしながら沢山の若い方達と知己を得る事が出来た。早朝には万代池をインターバルトレーニングを重ねた。沢山の若いプロが試合で負けてしょうがなくボクシングをあきらめる姿も見てきた。

その中で当時一緒に練習をしていた34歳になるボクシングジムのエースが日本チャンピオンをかけた試合をする事となり早速リングサイドを買って応援に行く。最終ラウンドまでもつれ込んだが判定で勝利。自分の事のように嬉しかった・・・

その帰りに表記の店で友人と会食をする。以前は界隈で名店と知られる「酒友忠じ」という店だったけど経営者が代わり名前と電話番号も変更となる。前オーナーが働いていたスタッフに店を譲ったらしくアルバイトスタッフの方やメニューもほぼ同じ。。

21時を過ぎても店は人だらけ・・・ビールで勝利の乾杯をしてまずは「蟹身と春菊のお浸し300円」。紅ずわい蟹の身と春菊と薄揚げとしめじと胡麻なんだけど量が半端ないのにビックリ。小さな丼鉢くらいの器にてんこ盛り状態。

造りは名物の8種盛りがお薦めだったけど今回は「タコの造り550円」を所望する。生ダコを使用していて普通に美味しい。

前のお店でも名物だった「ポテサラ300円」はマウンテン状態。カイエンペッパーとカリカリの食感のものがかかっていて半潰しにしたじゃがいもがしっかりと主張する。

住之江区の粉浜商店街にある有名な井川豆腐店の徳松豆腐を使用した「冷や奴250円」原価が1丁で320円なので原価率64%。表面は堅く中はふわふわで天然にがりと国産大豆を使った昔ながらの豆腐に舌が喜ぶ。日本酒も1合で600円から750円くらいの純米酒が中心。

名物の海老・蓮根コロッケ500円はボリューム満点。甘めのソースとマヨネーズがとてもいい仕事をする。

「カンパチカマ550円」も脂がのりまくって辛口の日本酒が進みまくる。骨をしゃぶりながら純米酒をグイグイやると時間が経つのを忘れてしまう。

会計はお酒も飲みまくって一人2300円くらい。若い女性も多くて、客はみんな価格以上の価値にノックダウン状態。

*外国の映画で「男の人生はボクシングをした事のある人生と、していない人生の二つに別れる」というセリフがあった事を思い出す。人生の一番いいときに昼間はバイトして夕方から練習に明け暮れる日々。。勝つか負けるかしかないの非情な世界。負けても明日の為に練習を重ねる・・・この日は泣けた・・・

大阪市中央区難波千日前14-9 地図
06-6537-7600
1800〜2900


カテゴリー 難波, 居酒屋 |

きわ心

友人と表記の寿司店を訪問。中崎町の北野病院の北側の路地に位置する。最近いろいろな方から奨めていただくホットなお店。カウンタ−8席のみで開店して5年目との事。コースは7000円とのこと。

お酒を頂く前にシジミ汁がでる。こんな小さな心遣いが嬉しい・・・先付けは旬の桜えびと新玉ねぎのスライスしたもの。寿司屋で玉ねぎスライスは初めてかも知れないが悪くはない。湯がき立てのホタルイカの酢味噌和え、生の鳥貝を炙ったものと続く。角切りにした自家製の生姜酢漬けもアテにぴったり。カウンタ−のなかには古い氷冷蔵庫が鎮座。

この日は最初から最後まで日本酒を楽しむ。寿司に合う純米酒等の食中酒が中心でどれを頂いても食事の邪魔をしないものばかり。この日は5合頂いた・・・

大きな原木椎茸を焼いたものと太刀魚の炙り。旬の春日鯛を軽くボイルしたものに酢みそをかけたものはふわふわの身質に感動。お造りは淡路産の軽く締めた鯖、蛸、皮を炙った金目鯛の3種盛り。この時期の鯖はさっぱりして辛口の純米酒との相性は最高。下に敷かれている海葡萄もつまみにいい。

寿司の扉は富山産の白海老から。旬の細魚はかなり大きなサイズでコリコリ。三つ編みにされたコハダも日本酒が進みまくる。淡路の黒雲丹を匙で食べてその余韻の残っている間に剣先烏賊を食べるという趣向。煮鮑、炙られたタイラギ貝と続き最後はカステラのような玉子とピリ辛の野菜巻でフィニッシュ。

会計はお酒込みで1万円弱のハイコスパ。女将さんが優しくて少し話しただけでいい人だと判る。。帰りは外までお見送り。。ごちそうさまでした。

大阪市北区中崎1-1-22
06-6311-9556
営業時間: 18:00~23:00


カテゴリー 中崎町, 寿司 |

うどんば しん

住吉区役所に所用があったので近くにある表記の新店を訪問。以前にも同じ場所にうどん屋さんがあった記憶がある。こちらの若きご主人は大学を卒業後に肉の商社でルートセールスを経験されその後、肉の買い付けを学び、肉に精通されそこからうどん店を開店する為に修行をされ、満を持しての開店らしい。肉を見る目は誰にも負けないという事でこちらのお店では「肉うどん」をシグニチャーメニューにしておられる。

使用される肉は京都の「中勢似」という有名な肉屋で仕入れている1ヶ月から3ヶ月の間、熟成した但馬牛を使用とのこと。早速、肉うどん950円を所望する。

10分くらいでシンプルなビジュアルの肉うどんが着丼。出汁は2種類の昆布と鰹、ウルメ、サバ、メジカの節とイリコを合わせて使用とのこと。しっかりと腰の入った深い味わい。かなり費用がかかったレベルが高い出汁となっている。葱は徳島産でぬるぬるして香りもいい。

麺は2種類の国産小麦をブレンドした太目の自家製麺で堅すぎずムッチリした舌触りは好みのタイプ。肉は熟成香はほとんど感じなかったが美味しかった。上質な肉である事は判るけど価格を考えると何とも言えない・・・周りで肉うどんを食べている客は私だけだった。ちなみに肉の大盛りは1980円・・・但馬牛だから仕方がない・・・か。

箸は奈良県吉野産で器は岸和田の作家さんのもの、堺の有名なやまつ辻田の唐辛子を使用されるなどこだわりは相当なもの。

犬鳴ポークを使ったカレーうどん等もありこれからも色々なメニューを楽しめそうな感じでした。。。

詳しくはこちら

大阪市住吉区沢之町1-2-4
06-6657-7532
11:00~15:00
18:00~21:00


カテゴリー 沢ノ町, 麺料理 |
2 / 898« 先頭...23...20...最後 »