ニューとん助 4月

四ツ橋線北加賀屋駅から徒歩7分の加賀屋商店街のアーケードのはずれという辺鄙な場所にある表記の洋食店を訪問。ちなみに私の会社からは徒歩3分くらいなのでヘビーユースしている。昼間の3時間だけしか営業していないのとコアなファンもたくさんいることから常に満席。とんかつをはじめとするどの料理もパンチとボリュームがあるので疲れた時の栄養補給にちょうどいい。

店内は奥に長い造りになっていて客席は調理場に向かう形のL字型のカウンター席のみ。
カウンター席の背後はウェイティングスペースになってお待合い椅子が10個ほどずらりと並ぶ。高齢のご主人と若いコックと奥さんと手伝いの姉さんの4人で切り盛り・

メニューは以下の通り
■スープ■
・ポタージュスープ 300円

■牛肉■
・ヘレテキスペシャル 5000円
・ヘレテキW 4000円
・ヘレテキ 2800円
・ヘレビフカツW 2800円
・ヘレビフカツ 1800円
・ビフカツW 1900円
・ビフカツ 1200円
・牛ミンチハンバーグW 1200円
・牛ミンチハンバーグ 800円

■豚肉■
・トンカツW 1300円
・トンカツ 800円
・トンテキ 1000円

■海老■
・海老フライ 1000円
・海老フライ(大) 1300円
・海老フライ&コロッケ 900円

■トッピング■
・海老フライ(1匹) 500円
・牛ミンチコロッケ(1ケ) 400円

■ライス■
・ライス(小) 100円
・ライス(中) 200円
・ライス(大) 300円

名物のポタージュ300円は悶絶するほど美味いマストメニューでほとんどの客が注文する。味はB級のさらっとしているけど濃厚でパンチのあるワンパクなニンニク味。客の注文ごとに一杯づつ作るのがポイント。

最初にお湯をやかんでフライパンに投入。沸騰したら魔法の調味料(たぶん味の素)を大量にいれて、塩、おろしニンニク、醤油、刻んだタマネギとほんの少しの海老の叩いた身で数分煮込む。そこに冷蔵庫から取り出したベシャメルソースらしき固形のものをどばっと入れて牛乳と胡椒を投入。量はすべて目分量で味見は一切しない。。(これが職人技なり)

ヘレテキW4000円は注文ごとに肉を塊から切り出す。表面だけさっと焼いてニンニクが効きまくったベシャメルソースと合わせてしっかりと馴染ませたら出来上がり。レアな焼き加減だけどとても柔らかくて口馴染みがいい。

とんかつもワンランク上の美味しさ。。元気が出ました、ご馳走様でした。。

大阪市住之江区中加賀屋3−1−22
電話 06-6685-4096
営業時間 10:51-13:50
定休日 日曜日・水曜日


カテゴリー 北加賀屋 |

イケダヤバーベキュースタイル

阪堺電車「東天下茶屋」駅横の常設マルシェ『THE MARKET』内にある『Ikedaya BBQ style』にディナー訪問。駅から徒歩0分の利便性の良さ。

本格BBQ料理の店なんだけど業態は席数30席のフードコート形式。。大阪の下町の中にある昭和40年代の施設をリノベーションした明るく開放的に仕上げられたとてもかっこいい空間となっていて横を通る阪堺線のチン電の音を聴きながら食事やカフェが楽しめるお店。

コースメニューやアラカルト、テイクアウトメニューなど色々あるけどお店のオススメは淡路島、丹波、南河内、能勢町で採れた産地直送の無農薬野菜と、じっくり時間をかけて仕込んだ色々な肉を炭火で豪快に調理したBBQ SET。

まずはお酒と前菜を所望する。無農薬の生姜汁を使ったジンジャーハイボールが美味しすぎてびっくり。アラカルトもいろいろあるけどオススメの前菜盛り合わせ990円(2人盛り)を所望する。色々な前菜から3つ選ぶことができるという趣向。

バケットとともにいただく明太マスカルポーネ、ベシャメルソースの美味しさが秀逸のホタテとキノコのグラタン、とても濃い味わいの原木椎茸サラダをチョイスする。

その他にもアンチョビポテト、鶏ハム、人参ラペとナッツ、ヤーコンとリンゴとブラッドオレンジなどがある。

オススメのBBQセット(肉料理3種と野菜)990円(写真は2人前なので1980円)の内容は食べ応え満点の極太ソーセージ、酸味のあるヨーグルトソースでいただくレモンチキンステーキ、しっかりマリネされたスペアリブなど。。無農薬の人参、椎茸もびっくりするくらい美味しい。

別のパターンで BBQセットを所望する。続いては牛肉を包丁で叩いて作る牛100%のハンバーグ、軽く燻した自家製ベーコン、特製チャーシューがさらに所狭しと野趣いっぱいに盛り付けられる。オーガニックワインをいただきながら楽しい時間を過ごすことができました。

*コロナでビジネス大変だけど品性を保ちながら頑張ります。

店舗のHPはこちら

大阪市阿倍野区阿倍野元町6-25
月,水~日 11:30~22:00
火曜日定休


カテゴリー 東天下茶屋, その他料理 |

ラマイ(RAMAI)

あびこで打ち合わせがあったのでその前に商店街近くにある表記のスープカレーの店を訪問。地下鉄あびこ駅徒歩3分。札幌に本店があって、旭川、小樽、千歳、苫小牧、函館、横浜、大阪の8店舗展開中。

インドネシア・バリ島のイメージをコンセプトにした内装でそれっぽい飾り物が店内に多数。それぞれのテーブル席には仕切りがあって半個室のような感じになっている。何かの居抜き店舗であろうことが想像される。

女性客のグループが多いのにびっくり。何度か訪問しているけどいつも繁盛している。中に入る具材によって価格は変わるがほとんどのものが1000円オーバー。野菜やポーク、チキンなどの定番のほかエビ天などの変わり種メニューもある。トッピングやご飯の量、辛さを選ぶことができる。

スープの大盛りが無料でサフランライスのようなナシクーニンと呼ばれる炊き込み御飯がS(約150g)M(約300g)L(約450g)でスープカレーに無料でついてくるらしい。キンタマーニという観光地のついた900gの量の山のように盛られたご飯は+200円とのこと。

この日はチキンカレーにゆで卵とブロッコリーをトッピングして7辛でご飯を抜きにして注文する。

15分くらいして運ばれてきたものはうどん鉢のようなものに入ったスープでかなりインパクトのあるもの。野菜が一杯で素揚げされたカボチャ、茄子、アスパラ、トロトロのキャベツ、インゲン、蓮根、ピーマン、ジャガイモ、うずら卵2個。スプーンで解れるやわやわの大きな鶏の骨付きモモ肉が入る。

サラッとしたカレースープは、コクと旨味タップリで味わいが深い。辛さは思ったほどでもなく日本人仕様にされているのが素晴らしい。。しかしながらインパクトやスパイス感もあってとてもバランスのいいカレーとなっている。いつも急に食べたくなるいいお店です。

大阪市住吉区苅田7-12-5
電話番号/06-6657-7196
営業時間/11:30〜21:30(L.O.21:00)

過去のラマイはこちら


カテゴリー 我孫子 |
20 / 1,234« 先頭...2021...40...最後 »