検索結果: こざき

天ぷら こざき 1月

阿倍野区役所すぐ近くにある表記の天ぷら店を11月に続いて訪問。
メニューは3000円と4000円のコースのみで時間帯は17:30からと19:30からの2部制。カウンタ−8席だけなので予約困難店。この日は3000円に粟麩とレンコンを追加注文。

こちらのお店のご主人はいつもニコニコしながら仕事をする。そのせいで美味しい天ぷらがなおさら美味しく感じる。。

最初に鰻の山椒煮をいただく(別料金)。辛めに炊き込まれた鰻と山椒の塩気がビールにぴったり。続いてのコースの扉は水菜のお吸い物で油かすが入ってコクがありまくりのナイスなお味。一気に冷えた体が温まる・・・海老の足と鱚の骨の唐揚げが提供されて端正な姿の車海老登場。

続いて車海老の紫蘇巻き、水分を保ちながらカリッと揚げた紅ズワイガニの身と続く。最近頂いた蟹の天ぷらではトップクラスの技術と美味しさ。

この日も原酒を4種類順番にいただく。銘柄のセレクションも秀逸でどれもがグラス300円という破格値で提供される。こちらのお店はご主人と奥さんとご主人の両親の完全なる家族経営。

ふかふかに揚げられた鱚には山椒の入ったポン酢大根おろしでいただく。この大根おろしが美味しくて口直しにとてもいい。いつもこれだけパクパク食べてお替りしまう。活のアマゴも驚くような美味しさ。旬の菜の花、舞たけもとてもいい。

追加で注文した粟麩はカリカリでふわふわで粟の食感がとてもいい。ふきのとうの苦みに自然のエネルギーを感じ、徳島のレンコンの歯触りに自身が生きていることを実感。

穴子は好物の尻尾の部分をいただく。締めのサツマイモはホクホクで甘過ぎずちょうど好い加減。最後はお店で浸けている梅酒をサービスで提供いただく。いこごちも良くてコスパも最高でいつも大満足で店を出る。次回3月訪問の予約して帰りましたとさ。

大阪市阿倍野区松崎町4-11-38
06-6628-0063
営業時間17:30~21:30


カテゴリー 昭和町, 天ぷら |

天ぷら こざき11月

阿倍野区役所すぐ近くにある表記の天ぷら店を9月に続いて訪問。
メニューは3000円と4000円のコースのみで時間帯は17:30からと19:30からの2部制。カウンタ−8席だけなので予約困難店。

ご主人と奥さんとご主人の両親の完全なる家族経営。いつも笑いながら丁寧な接客をされるご主人に頭が下がる。アットホームな雰囲気とはまさにこの事。この日は4000円のかき揚げのついたコースを所望する。

突出しはセコがにの身とブロッコリー。塩梅のいい黄身酢がかかる。

天ぷらの扉はお約束の車海老。続いて車海老の紫蘇巻。ホクホクで本日ピカイチの舞茸。餅のような食感の銀杏、蟹身の紫蘇巻は水分を少し残して蒸し焼き状態、椎茸も完璧な火入れ。

この日のお酒はひやおろしの滋賀の七本鎗、松の司のこってりした口当たりの純米、山廃の益荒男を順番に頂く。

車えびの足と鱚と穴子の骨を唐揚げにしたものはお酒が進みまくる。穴子は好物の尻尾の部分を頂く、甘鯛の天ぷら、群馬産の下仁田葱、徳島の蓮根と続く。長時間じっくりと揚げて焼き芋状になったさつま芋も秀逸。

サービスで桜えびのかき揚げが登場。こんな心遣いがとても嬉しい。

〆は大量の車海老が入った天茶。これだけ食べても食後全然もたれない。コスパも最高で1月の予約をして帰りました。

大阪市阿倍野区松崎町4-11-38
06-6628-0063
営業時間17:30~21:30


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 天ぷら |

天ぷら こざき

阿倍野区役所すぐ近くにある表記の天ぷら店を訪問。
メニューはコースのみで時間帯は17:30からと19:30からの2部制。カウンタ−8席だけなので予約がなかなか取れない事でも有名。この日は4000円のかき揚げのついたコースを友人とともに7時半の組で相伴する。ジャズのかかる清潔で明るい店内はとてもいい空気が流れる。ご主人もサービス担当の奥さんも愛想が良くてとても親切。

座付きは真っ白な胡麻豆腐。。ビールとともに頂く。。。。そのあとは鱚の背骨とお腹の筋部分、海老の足部分の唐揚げ。。ビールが進みまくる・・・鯛の子を山椒を入れて甘く炊いたものと続く。

天ぷらの扉は車海老。薄衣で少しだけ水分を残しあえてカリカリに仕上げない東京の名店「近藤」と同じテイストの揚げ方。海老が一番甘く感じるように衣で蒸し上げる。続いて海老の叩いた身を大葉で包んだもの。旬の鱧は梅肉で頂く。

旬の松茸は傘の部分と軸の部分を分けて2回で提供。傘の部分は香り高く、軸部分は歯ごたえがいい。酢橘と塩で頂く。

この日一番美味しいなあと思ったのは「オクラ」。どこでもあるようなものだけどどこにもない揚げあがり。。夏の終わりを感じる・・

中骨を取って身をあわせた「鱚」はふかふかの食感。山椒の入った大根おろしで頂く。驚くほどの美味しさ・・・日本酒に切り替えてマリアージュを楽しむ。

対馬産の脂ののりまくった穴子は尻尾の方をリクエストする。天つゆをたっぷりつけて頂くと旨味と脂と出汁が混じりあってまさに口福である。味の余韻がいつまでも残る。

徳島産の蓮根は新蓮根で歯ごたえがいい。満願寺唐辛子も夏の味わい、さつま芋は揚げてからしばらく蒸らす。。これも天ぷら近藤と同じ手法。。。あまりに甘くて美味しいので悶絶してしまう。

最後の車海老のたっぷり入った「かき揚げ」はご飯とそのままか、天バラか天茶か天丼を選ぶ事が出来る。天茶を所望するとあっさりと頂けた。コスパも最高で予約が難しいわけが理解出来る。食後も全然もたれない。。。天ぷらを食べた事を忘れるくらい。。

電話予約は大変なので10月の予約をして帰りました。。

大阪市阿倍野区松崎町4-11-38
06-6628-0063
営業時間17:30~21:30


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 天ぷら |