検索結果: つるやⅡ

つるやⅡ

天王寺北口の昭和の香り満点の阪和商店街にある表記の店を立命館の現役学生と訪問。店はどよーんとした空気が流れていて、煙もくもくで席数8の極狭店だけどいつも常連で満席。この店に寄ってから帰るという帰宅ルートになっている客が多い。毎日来ているのであろうか毎回会う客がいるのも面白い。

席の後ろ全面が引き戸になっている。外から見て客がいないところの引き戸を開けて入店する。

新鮮なミノ湯引きとビールでスタート。。とても柔らかくて癖は全くない。。店が狭いので客同士がすぐに仲良くなる。

生センマイも必食。。丁寧に処理しているのでとても綺麗。。今年で36年になるこちらの店はヨネスケ師匠そっくりの店主のケンちゃんの人柄とホルモンをはじめとする肉の新鮮さが客を呼びまくる

とても柔らかいハラミ。全てレア気味に焼くのがこの店の特徴。ニンニクの効いたタレが絶品でコチジャンを入れるとより味が深くなる。ドリンクは客のほとんどがカボス酎ハイを頼む。

塩タンもプリプリでとてもいい。ディープな店なんだけど若い女性客もたまにいるのが面白い。。テレビのニュースを見ながら客同士が時事ネタで盛り上がる。。ケンちゃん(ご主人)も一緒に飲みながら世間話をする。

手羽も炭火でしっかりと焼き上げて皮はパリパリに仕上げる。。。カボスチュウハイがどんどん進みまくる。

これ以外に脂乗りまくりのバラとコリコリのアカセンをいただく。。。。

最後は炭焼きシャウエッセンで〆。好きなだけ食べて好きに喋って飲んでサクッと帰るのがこの店の流儀。この店の客は半分くらいお釣りを取らない。。。心が温まるいい隠れ家です。。。

過去のつるやⅡはこちら

大阪市天王寺区堀越町15-5
営業時間:17:00~23:00
定休日:日曜日


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 串料理, 焼肉 |

つるやⅡ 8月

週末に天王寺の阪和商店街にある表記の串焼き店で一人飯。普段は満席で入れない事が多いのでこの日は開店間際を狙って訪問。南側の煙の少ないテレビの良く見える特等席で高校野球を見ながら名物のカボス酎ハイを所望。

今年で35年になるこちらの店は店主のケンちゃんの人柄とホルモンをはじめとする肉の新鮮さが客を呼びまくる。客はほぼ常連で毎回顔を合わす方もいる。

最初はミノの湯引き。コリコリした食感がとてもいい。当然の事ながらクセや臭みは皆無。ヨネスケ師匠そっくりのケンちゃんとの世間話も楽しい。

生センも所望する。カボス酎ハイと生センの赤いタレの相性がとてもいい。このあとはハラミを注文(写真なし)炭火で表面をしっかりと焼き込んで中はレアに仕上げるのがポイント。

上タンは塩焼きにして頂く。脂がしっかりの乗ってかなり美味しい。店は狭小で席の後ろ全面が引き戸になっている。外から見て客がいないところの引き戸を開けて入店する。客のほとんどがカボス酎ハイを頼んでいる。

普段はアカセンかテッチャンをニンニクとニラ入りのこってりした醤油ダレにコチジャンをいれたタレに浸けていただくんだけどこの日は控えめにする。

炭火で焼き込んだウインナーは大好物でお替わりしてしまう。厚揚げも注文した事を忘れるくらい長時間焼き込むので突き抜けた美味しさがある。焼き鳥や手羽焼きも新鮮で美味しい。

韓国海苔をアテにしてカボス酎ハイを最後まで飲みまくる盛夏の夕刻。。。

大阪府大阪市天王寺区堀越町15-5
定休日:日曜日
営業時間:17:00~23:00

過去のつるやⅡはこちら


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 焼肉 |

つるやⅡ

JR天王寺駅周辺は焼肉の激戦区。王道をひた走る「平和」(通称ピンフ)ではそれだけを食べることもあるくらい上ロースが美味しくて安い。その横の「萬野ホルモン舗」は名前の通りホルモンの美味しさが突き抜けている。その他の店も含めてTPOで使い分けるけどその中で最も愛してやまない店が阪和商店街にある表記のお店。

普段は一人か気のおけない友人と行くことが多い。しかしながら席数が少ないことと人気があることで時分時はいつも満席。この日は21時半に伺い、たまたま2席空いてはいたがすぐに満席となっていた。

すぐ近くには普通の焼肉店舗の「つるや」がある。こちらはつるやの串焼き専門のディフージョン版。通称「つるツー」と呼ばれる。席の後ろ全面が引き戸で外から自分の目でしっかり観察して客がいないところの引き戸を開けて入店する。席数は7つのみ。店主を含めてお店の喫煙率は高い。しかし目の前で焼く肉の煙でタバコが気にならない。

店内は薄暗くてどよーんとした感じ。同伴者が聞けば今年で35年になるらしい(この前は30年と言っていたが・・・犬並みに年を取るのであろうか)

15232327_935001106632996_9106555670923458731_n

味のある手書きのメニューが渋すぎる。ヨネスケ師匠そっくりの店主のケンちゃんは50代半ば。気さくで楽しくてすべての客に分け隔てなくお酒を飲みながら接する。客も順番にケンちゃんにお酒をおごりまくる。客全員でテレビを見ながら世間話をしながら飲み食いする。家族の団らんのようでかなり楽しい。

2016-11-30-18-54-41

まずは上タンを塩でいただく。炭火でレアに焼かれたタンはボリュームもあって食べ応え満点。価格はすべて2本の値段。ロースも塩でいただく。焼きセンマイは分厚くて焼きにぴったりの部位を使う。生センの場合は柔らかい部分を使用。お酒は名物のカボスの入った酎ハイ。この日は5杯いただいた。客のほとんどが同じものを飲む。

ニンニクとニラ入りのこってりした醤油ダレにコチジャンをいれていただくんだけど突出したバランスの良さはホルモンとの相性抜群。赤センやマル腸との相性は特に秀逸。食感や歯ごたえがいろいろな串焼きホルモンは素材がいいので何をいただいても美味しい。

2016-11-30-18-55-11

私の一押しのソーセージはシャウエッセンを使用。炭火で焼き上げられケチャップとマヨネーズと辛子をつけていただく。ハラミの火入れは軽め。独特の串打をする手羽も普通に美味しい。客は長居せずにさくっと食べて好きなことしゃべってさっさと帰るのがマナー。釣りを取らない客が約半分くらい。心もしっかり温まって店を出る。

大阪市天王寺区堀越町15-5
定休日:日曜日
営業時間:17:00~23:00


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 串料理, 焼肉 |