検索結果: ひろせ

ひろせ 10月

心斎橋の表記の店を友人と訪問。毎月献立が変わるたびに伺うのが楽しみ。。3周年を機に料理をバージョンアップし10月から少しだけ値上げとのこと。献立はコース10000円のみ(以前は8000円)。ミシュラン店の「ゆうの」で修行されたご主人の丁寧な仕事ぶりを見ながら食事をするのが大好き。

食事の扉は柔らかく火入れされた徳島産の蒸し鮑。菊菜、小芋の炊いたものに組み上げ湯葉が掛けられる。見るからに秋の風情を感じさせる逸品。

こちらの店では2品目に揚げ物が供される。この日は鯛の身をすり身にしたものにむかごを鋳込んで春巻き状にして揚げたもの。海老味噌を使ったコクのあるソースでいただく。

続いての活鮮は鯛、細魚の大葉鋳込み、奈良漬を鯛の昆布締めで巻いたもの、鯖きずし、皮目を炙ったカマスとまな鰹。。盛り付けはシンプルだけどダイレクトに魚を味を楽しむことができる。

煮物椀は名残の鱧で松茸を巻いたもの。鯛の葛たたきとともに。。

焼魚は大きな切り身で脂乗りまくりののどぐろに北海道産の雲丹をのせたもの。さつま芋と銀杏を添えて。。敷かれたソースは昆布醤油。。

ここで純米酒のひやおろしをいただく。。

ピオーネと蓮根と車海老の酢の物。綺麗に仕上げられた黄身酢がたっぷりと掛けられる。口の中がさっぱりする。。

牛ほほ肉を歯がいらないくらい柔らかく火入れしたものに南瓜のクリームをかけたもの。揚げた舞茸があしらわれる。。とても秋らしい主菜。。。

食事は新物のイクラご飯。。。

デセールはイチジクと自家製のソルベ。。

値上げしてもそれ以上の価値は十分ある。。。。。。11月がすでに楽しみ・・・

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00

 


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |

ひろせ 9月

心斎橋にある毎月献立が変わるたびに訪問する表記の和食店で会食。カウンターでご主人の丁寧な仕事を見ながらいただくのがとても良い。カウンター6席とテーブル席のみの小体な店でお任せコース8000円のみ。ミシュラン店の「ゆうの」で修行されたご主人の料理はとても繊細で付け合わせ一つにも心が配られる。

糖質制限中なので二階堂のソーダー割りにすだちを入れたものを所望する。座付は柔らかく湯がかれた蛸と焼き茄子、白芋茎に酸味のあるジュレをかけたもの。天盛りにはオクラと茗荷と花穂紫蘇。。

こちらのお店では2皿目に揚げ物が供される。この日は出会いものの鱧と松茸のフライ。。美味しくないわけがない・・・・

外連を省いた割鮮はめいち鯛2種(一つは締めて奈良漬を巻いたもの)、鱚の大葉鋳込み、天然鯛、金目鯛、スダチで締めた鯵、皮目を焼き込んだ秋刀魚の7種盛り。。。シンプルだけど食べ応え満点。

煮物椀は湯葉のひろうす。舞茸と三度豆と菊の花があしらわれる。初秋を感じさせる取り合わせ。出汁の加減は昆布が効いたしっかりとした味わい。。

焼き魚は伝助穴子の炭焼き。穴子の骨で取った出汁にすだちを加えた酸味のあるソースでいただく。あしらえは椎茸と満願寺唐辛子。

割り山椒の器には小芋、山口産蓮根、粟麩が盛り込まれ辛子味噌がたっぷりと掛かる。

肉料理は鴨ロースとズッキーニとイチジクの田楽。イチジク田楽の美味しさは秀逸なり。

炊きたての松茸ご飯。。

デセールはほうじ茶のアイスと豆乳プリン。。今回も期待以上で大満足。器も美しくてそれぞれの料理も本当に美味しいなあと思うようなものばかり。他店でいただいたら15000円以上の内容。いつもながらかなりのハイパフォーマンスに感動。。ご馳走様でした・・・・

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |

ひろせ

私がここ最近で最もよく利用させていただく表記の心斎橋の和食店を訪問。月初に献立が変わるのでそれが楽しみでここ1年半くらい通い続けている。ミシュラン店の「ゆうの」で修行されたご主人の丁寧な仕事と喰い味を重視したオーソドックスな味付けは自身の口のとてもよく会う。料理の内容は派手さを排したストレートなコース8000円の1本勝負のみ。

暑気払いに冷たいビールをいただいて最初の座付はガラスの器に入った枝豆のすり流し。中身は涼を感じさせる蓴菜とねっとりとした舌触りのパプリカの葛豆腐。

続いては白芋と冬瓜と加賀野菜の金時草の上にご主人のスペシャリティの鯛味噌を乗せたもの。ここからはしばらくやめていた日本酒とともにいただく。

こってりとした無濾過の生原酒の旭若松を所望する。穏やかな香りだけでいい酒であることはわかる。落ち着いた雄町の米の味わいがグッと強く押して来る私好みの骨格のしっかりとした酒質。

お造りは旬の鱸、鱚の大葉鋳込み、蛸の粒マスタード添え、金目鯛と天然鯛の食べ比べ、旬のいしかげ貝、皮目を炙ったいさき、マナガツオの外連を排した8種盛り。色々な生魚をお酒と一緒に食べ比べることができるのはとても嬉しい。

夏碗に盛られた煮物はイワシの真薯と沖縄のもずく。天盛りにした茗荷や生姜とのバランスもとてもいい。

鱸の焼物の下には調味した焼き茄子のピューレが敷かれていて醤油焼きにした長芋とあげた唐辛子、オクラが添えられる。

ガラスの器に入った酢の物はイチジクと車海老。絹のようななめらかな白酢がたっぷりと添えられる。

肉料理は歯がいらないくらい柔らかく炊き込まれた牛タンのカツレツ。野菜とトマトで作ったソースとともにいただく。添え野菜は糸瓜とズッキーニなどの刻み野菜に繊細な酸味のあるかぼすソースが添えられる。

食事は時候の玉蜀黍ご飯。

桃の蜜煮と自家製杏仁豆腐でフィニッシュ。今回も量、質、価格ともにパーフェクトな内容で大満足でした。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |