検索結果: ひろせ

ひろせ 2月

私が毎月必ず訪問する心斎橋の和食店を友人と訪問する。毎月月初に献立が変わるのと丁寧な仕事ぶりで全く飽きることがない。コースは8000円一本勝負。

店主の仕事を見ながら食事のできる6席のカウンターが特等席。店主の広瀬氏はソムリエの資格も持っておられるので置いているお酒も一家言あり。

西心斎橋にある「ゆうの」出身の若きご主人の才気あふれる仕事は最近は安定感が増し奇を衒うようなこともなく美味しい料理を提供される。

座付は温かい粕汁でスタート。鰤をつみれにしたものと大根の出会いもの。酒粕が勝ちすぎない 味わい深い料理屋の粕汁。。

続いて粟麩の揚げ煮にウルイと蓮根を合わせたもの。蕗の薹を使った味噌ソースがとても秀逸。

糖質制限中なんだけどこの日は松の司と奥播磨を少しだけいただく。

楽しみの割鮮は穴子の稚魚ののれそれ、皮目を炙った太刀魚、皮付きのハリイカ、錦糸巻きにした鰆、昆布しめの鯛、平目、河豚のたたきの7種盛り。。これだけでもこの店に来る価値はあると思う。日本酒と一緒に少しずつ楽しむ。

煮物椀は浅利真薯。霞大根の下には生海苔が添えられる。出汁も昆布をしっかり効かせた難波割烹ならではの喰い味の仕事。

炭火で焼き込んだこの日の太刀魚の美味しさは突き抜けている。大きいものではないがかなり上質であることは食せばわかる。あしらえのこごみ、芽キャベツ、一寸豆のビジュアルもとても美しい。魚の下にはカリフラワーのソースが敷かれる。

鱈の白子を潰してプリン状に固めたもの。酸味の効いたジュレでいただく。さっぱりしているんだけどとても味わい深い。

牛ほほ肉の煮込み。添えられた薬味の粒マスタードもとてもいい。チジミホウレンソウ

食事は河豚の炊き込みご飯。

デセールはヨーグルトプリンにみかんのゼリーを掛けたものと金柑。。

今回もとても美味しく大満足。。小さな店なので予約必須。。。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00

天下茶屋駅にある天牛堺書店が年末に閉店。お客さんのお店の閉店を惜しむメッセージがシャッターに貼りまくられていたのを見て少しウルウルした。

カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |

ひろせ 1月

心斎橋の表記の店を友人と訪問。毎月月初に献立が変わるので1年以上皆勤で伺っているんだけど全く飽きることがない。8000円という和食のコースにすると比較的リーズナブルな価格のなかでできる限り上質の食材を丁寧に仕事をして客に供するスタンスは毎回頭がさがる思いである。

カウンター6席を早めに予約をして店主の仕事ぶりを見ながらいただくのが大好き。ソムリエの資格も持っていらっしゃって置いているワイン、日本酒にも一家言を持つ。起伏にあふれた旬の食材を使ったコースは何を食してもつい「美味しいねえ」という言葉が出るものばかり。

座付はカリフラワーのすり流し。出汁がしっかりと効いていてほっこりする味わい。蓮根餅とミニ慈姑が入る。

続いてこちらのお店ではいつも揚げ物が登場する。この日は鱈白子を細かいパン粉を使用してフライにしたもの。粒マスタードを使ったソースも味わい深い。

お造りは昆布締めにしたヒラメで諸味噌につけた卵黄を巻いたもの、天然鯛の腹身部分、ハリイカ、錦糸巻きにした鯖のきずし、提げマグロ(私はマグロが苦手なので車海老を用意してくれた・・・感謝)藁で燻した鰆、数の子と雲丹の和え物の7種盛り・・・

なんとも贅沢な盛り合わせである。盛り付けも装飾を排してシンプルでとても美しい。

椀物はずわい蟹の真薯。箸を入れるとほろほろと解け、出汁の塩梅もパーフェクト。あしらえの新筍、鶯菜、金時人参も正月らしくて清々しい。

焼物は鰆の葱味噌焼き。麦焼酎が進みまくる逸品。あしらえは一寸豆の蜜煮、ごぼうの胡麻酢掛け、蛸の柔らか煮、のしこんにゃく、蓮根の親子煮など。。どれも手のかかったものばかり。

鯛の子の玉締めと絹さや、梅麩の炊き合わせ。

ロゼに火入れされた鴨ロースに金柑のソースを合わせたもの。あしらえは干し柿でクリームチーズを巻いたものとほうれん草。ビジュアルもかなり美しい。

食事は自家製のカラスミご飯。美味しくないわけがないけど糖質制限中なのでパスをする。

デセールはブランマンジェと栗の蜜煮と黒豆。

食後は一人で心斎橋のテキーラバーで一休み。。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 難波 |

ひろせ 12月

毎月献立が変わるたびに訪問する東心斎橋の和食の佳店を月初に訪問。丁寧な仕事と真摯に料理に向き合う姿勢が素晴らしい。様々な友人と一緒に伺うのだが皆が大絶賛。。カウンター席6席しかないので最近は予約が取りにくいと聞き及ぶが行く価値は絶対的にあると思う。8000円のコースは起伏にあふれており和食の華と言えるお椀と刺身は特筆したものがある。

座付は小芋のすり流しと菊菜の出会いもの。温かくてほっとする一品。

蟹身としめじをラフランスのソースで和えたもの。とんぶりと菊花が添えられる。

カスベ(エイ)の頬肉の竜田揚げはホクホクの味わいで全く癖はない。河豚よりも味わいが深い。。付け合わせの富田林さんの海老芋もお約束の美味しさ。

この日の刺身は河豚、明石の鯛の昆布〆、細魚、しめ鯖、伝助穴子、バフン雲丹、うおぜの焼き霜。。どれも鮮度もよくて細やかな手仕事が光るのばかり。特にうおぜは秀逸なり。

私はダイエット中なので控えたが友人は辛口の寶劔を所望されていた。

煮物椀は鯛真薯とかぶらと椎茸。真薯の美味しさと昆布のしっかり効いた濃いめの出汁の相性も抜群。

中にりんごを射込んだカマス。洋酒を入れた醤油ベースのソースで供される。炭火でじっくりと焼き上げているので表面パリパリで中はしっとり。金針菜の素揚げしたものが添えられる。

続いてのお酒も超美味しいと言っていた。。

酢の物は富有柿と牛蒡に胡麻ソースを掛けたもの。この胡麻ソースがなんとも言えない美味しさ。。

牛タンを一回戻して柔らかく炊き込んでから油で揚げて加熱したもの。加賀野菜の源助大根が添えられる。牛タンは表面はカリッとしているんだけど中は歯がいらないほど柔らかく仕上げられている。

食事は蟹ご飯。。私はデセール共にダイエット中なのでパス。。

サツマイモとかぼちゃの寒天寄せとラフランスの盛り合わせ。最後まで一切手抜きなしの全力投球。最高のコスパの店と宣言できます。。。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |