検索結果: ひろせ

ひろせ 4月

月初に献立が変わるのが楽しみで毎月通い詰める表記の和食店を訪問。東心斎橋の畳屋町の雑居ビル1階にある。若きご主人とホールの女性で運営。ご主人の丁寧な仕事を見て会話が楽しめるカウンターの真ん中の席が特等席。他店で15000円くらいの会席コースがなんと8000円で提供。
価値がありすぎるので最近は口コミでほぼ満席状態。

ご主人は西心斎橋のミシュラン店の「ゆうの」で修行をされたのだがすでに料理のパフォーマンスは修行先を超えたと私は実感する。日本酒もたくさんあってこなれた価格のお任せ生原酒と料理を合わせるのがいつも楽しみ。

先付けは肥えてパンパンに膨れた蛍烏賊と朝掘りの貝塚産の筍、独活、蕗に特製の木の芽味噌を掛けたもの。筍は湯がかずに蒸して調理。掘りたてならではのあくの少なさと柔らかさに驚かされる。この筍を頂いただけですでにノックダウン。。

 

2皿目の料理は明石産の鯛に自家製の唐墨を鋳込んで塩あられを砕いたものをつけて揚げたもの。金針菜とそら豆が添えられる。

刺身はのれそれ(アナゴの稚魚)の沖漬け、皮を炙って燻製をかけた鰆、生をさっと湯がいて炭火で炙って香ばしさを出した旬のとり貝。貝の下には肝を裏越したソースが敷かれる。大葉を射込んだ細魚、大きな切りつけの平目の5種盛り。

日本酒がドンピシャのハイレベルの刺身盛り。。

煮物椀は鯛の身がしっかり入った鯛真薯と旬の生若芽と蕨。。出汁の加減はいつもながら完璧。この刺身とお椀だけで店主の実力は計り知れる。

この日のお酒はすっきり辛口だけど芳醇で口当たりが優しい「谷泉」の特別純米酒を刺身に合わせて焼き魚は鳥取の「山陰東郷」の29BY生酛原酒をいただく。生酛生酒ならではのパンチのあるリッチな味わい。鴨肉にはなんと精米度90%というご飯と同じくらいの精米で作った島根の「ヤマサン正宗」を合わせる。野趣あふれる濃厚な味わいでジビエにぴったりの日本酒。

いつもながらワンランク上のセンスの料理に合った日本酒の仕入れに敬服する。

炭火で丁寧に焼き込まれた焼き魚は高価な北海道産の桜鱒。上品な脂分と皮目の旨味が秀逸。敷かれたソースは鯛の白子を裏越して塩と醤油で調味したもの。予想以上の美味しさに目が落ちそうになった。

極太のアスパラと糖度の高い高知産トマトに黄身酢を掛けたもの。ビジュアルも美しく黄身酢の美味しさは特筆もの。このように綺麗に色を出すのはかなりのテクニックを要する。

鴨と貝塚産の筍を炭焼きにしたもの。ソースは醤油と味醂と出汁を合わせたもの。双方の愛想も良くてマリアージュされた日本酒が進みまくる。

お酒が少し残っていたので酒肴2品を出してくれた。こんな小さな気遣いがとても嬉しい。鯨の骨の粕漬け・・・

山葵の茎の炊いたものもこの時期ならでは。。

食事は桜エビを唐揚げにしたものと豌豆の釜炊きご飯。ダイエット中なのでご飯のお代わりは泣きながら我慢する。

甘味はよもぎアイスを射込んだ最中とバルサミコソースを掛けた苺。最後まで全く手抜きなし。。この本格コースが8000円とは最高のコスパと断言できる。小さな店なので予約必須です。

食事の後はテキーラ専門バーを訪問。酔うためではなく味わうためのウイスキーのようなテキーラを少しずついただいて大人の時間を楽しむ。今日もとてもいい日でした・・・

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00

過去のひろせはこちら


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |

ひろせ3月

東心斎橋にある毎月献立が変わるたびに訪問する表記の和食店を友人と訪問。
創業以来8000円のコース料理一本勝負。ミシュラン店の西心斎橋「ゆうの」から独立されたソムリエの資格も持つ店主が仕入れる美味しい生原酒も楽しみの一つ。
新地の半額のイメージでコスパ抜群な上に気合いを入れた献立と調理にいつも「美味しいなぁ〜」と感心する。

お店はご主人の一人仕事なんだけど手際もいいので全くストレスはない。
店内はカウンタ−6席と4人掛けのテーブル2つのみ。この日も満席なんだけどカウンターでご主人と会話を楽しみながらいい時間を過ごす。。

ビールで乾杯の後はまずは暖かい生海苔の入ったすり流し。具は卵豆腐と湯葉で冷えたお腹を温める。

宮古島ゼンマイとグリーンアスパラ、スナップエンドウ、蕾菜、芽キャベツなどの早春の野菜を胡麻ソースでいただく趣向。身体から毒が抜けそうな美味しさ。

この日のお造りは7種盛り・・・・ノレソレ(アナゴの稚魚)をポン酢で和えたもの皮目を炙ったカマス、軽く火入れしたほっき貝には貝のワタのソース、ほぼ生の飯蛸、河豚の唐墨和え、大葉を射込んだ春日鯛、ヒラメ・・・どれも美味しすぎて言葉を失う。。

このお造りには純米吟醸の生酒の戊戌を合わせる。上品な香りと生酒ならではのしっかりとした味わいと膨らみを刺身と一緒に楽しむ。

焼き魚には味わいにパンチと変化のある山廃純米の「責め」をお勧めいただく。

煮物椀は若ゴボウを使ったひろうす・・・出汁の美味しさが秀逸なり

レアに焼き上げた鰆を蕗味噌と一緒にいただくという春を感じさせる逸品。あしらえはホワイトアスパラガスとそら豆。

福岡産の筍と若布の炊き合わせ。しんみりとした塩梅がお見事。

赤貝のぬた和えはうるい、ひろっこ(秋田産のあさつきの新芽、手のしこんにゃくが添えられる。

肉料理は白金豚のソテーを行者ニンニクのソースで・・・黒人参と黄色人参を添えて。

食事は白米の上に蕗とホタルイカを叩いたもの。これが美味しすぎて再び日本酒が欲しくなる味。

デセールはほうじ茶のシャーベットに黒ごまのクリームを合わせたものでとてもさっぱり。この日も最後まで隙がなく早春の素材をふんだんに使った美味しさの連鎖が続きました。店主の手業が見えるカウンターがお勧めです。次回は4月3日に訪問します。

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00
過去のひろせはこちら


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |

ひろせ 2月

去年の8月から献立が変わるたびに毎月訪問する表記の和食店に過日訪問。場所は心斎橋の畳屋筋の雑居ビル1階。

オープン当初から8000円のコース一本勝負。ソムリエの店主が仕入れる美味しい生原酒と組み合わせても会計は10000円くらい。。コスパ抜群でしかも「美味しいなぁ〜」と思う料理が連続で出る・・・

ご主人が一人でされる丁寧な仕事を見ながら友人とよもやまな話をしながらいただく美味しい料理とお酒は生きていて良かったと思える瞬間。
店内はカウンタ−6席と4人掛けのテーブル2つのみ。。そのうち予約のできない店になることは必至。

ビールで乾杯をして先付けは小吸い物仕立ての粕汁。お米のいい香りが鼻をくすぐる。少し白味噌の入った料理屋仕様の塩梅・・冷えた体が一気に温まる。

若ごぼうと大豆のお浸し。豆腐を裏ごしして作る白酢の塩梅が抜群。。こうした小さな仕事が完璧なので何を食しても美味しい。

大振りのわかさぎにディルを巻いていただくとアクセントがついてより風味豊か。ビールが進みまくる。

刺身は皮を添えたトラフグのたたき、透き通るような風味の天然ヒラメ、平鱸のあん肝あえ、今の時期とても美味しい千葉産の鯖のきずし、脂の切れ味バツグンの天然ぶり、鰆を軽く燻製にしたもの。。。日本酒が進みまくって困りまくる。。

この日は最初は磯自慢の純米吟醸酒。。香り高く純米吟醸酒ならではの芳香な味わいで刺身によく合う。続いては宮城県の日高見の生原酒薄濁りは焼き魚にぴったり。純米酒のにごり酒はよくあるけど吟醸では珍しい。生原酒のボリュームはもちろん純米吟醸のような旨みも感じられる佳品。

肉料理には徳島の旭若松の純米無濾過生原酒。。。これは口に含んだ瞬間「キター!!」という味わい。カウンターパンチのようなアクセントとボリューミーな膨らみと米の強い味わいはアルコール度も高行けど何度もお替わりをしてしまう悪魔のような生原酒。。。80年代の高価なシャンパンのような味わい。。。

煮物椀は蟹と湯葉の真薯で出汁もすっきりして驚くほど美味しい。。というか私の口に合う。ご主人が作るお椀と刺身の美味しさはいつも群を抜く。

脂のりまくりの太刀魚は炭火で焼かれ優しい味わいのカリフラワーのソースでいただく。あしらいは「こごみ」「うど」「うるい」「蕾菜」「スナップエンドウ」など・・・・春が待ちどうしい。。。

タラ白子を裏ごして調味し、プリン状に緩く固めたたものに酸味のあるゼリーをかけたもの。これは絶品で日本酒と一緒にどんぶり一杯食べたくなった。

肉料理は和牛のスネ肉の煮込み。粒マスタードのソースなんだけどちゃんと和食の仕立てになっているのが素晴らしい。あしらえは丸大根と縮みほうれん草。

食事は河豚の出汁がしっかりと効いた河豚ご飯。。雑炊はよくいただくけど河豚ご飯は珍しい。ダイエット中で糖質制限をしているんだけどお替りしてしまう美味しさ。。

デセールは自家製の金柑アイス。果肉たっぷりの金柑のゼリー添えでお口さっぱり。。。

今回も大満足・・ごちそうさまでした。。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |