検索結果: ひろせ

ひろせ 4月

心斎橋の畳屋町にある表記の和食店を訪問。毎月献立が変わるのでそれが楽しみで欠かさず伺っている。素晴らしいコスパと丁寧な仕事ぶりで6席のカウンターはいつも満席。ダイエット中なので麦焼酎とともに8000円のお決まりコースをいただく。

座付は貝塚産の朝掘り筍の木の芽味噌掛け。この木の芽味噌がすこぶる美味しい。ホタルイカ、独活、ホワイトアスパラ、蕗が添えられる。

2品目の油物は鰆に唐墨を鋳込んで白扇粉をつけて揚げたものにおろした唐墨をかけたもの。あおさ海苔の餡とともに供される。

お造りは天然鯛とそれを昆布締めにしたもの、大葉を挟み込んだ細魚、皮付きのハリイカと北海道の雲丹、赤貝には粒マスタードが添えられる。炙ったタイラギ貝、燻製をかけた鰆と錦巻きの9品・・・

煮物椀は蓬と鯛の真薯。。蕨や新若芽が添えられていて春味満点。。

色鮮やかな黄身酢の下にはミニトマト、グリーンアスパラ、芽芋が盛り込まれる。あっさりして口直しにはぴったり。

旬の桜鱒は皮目をこんがりと炭火で焼きこんでいて身はしっとりと仕上げられて完璧な火入れ。鯛の白子のソースもとてもコク深い。こごめ、スナップエンドウ、菜種が添えられる。

筍の木の芽焼きと鴨ロース。醤油ベースのソースも秀逸。鴨もしっとりした舌触りでとても味わい深い。

少なめのご飯に揚げた桜エビとエンドウ豆。デザートは豆乳を使ったブランマンジェ(写真なし)量も質も大満足。。細やかな仕事と上質な食材を使っているのに財布にも優しい会計。。日本酒やワインの品揃えも秀逸です。

大食いの友人に誘われて数年ぶりの豚骨ラーメン・・・反省・・・

ひろせさんはゴールデンウイークも営業されているそうです。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 難波, 和食 |

ひろせ 3月

毎月献立が変わるたびに訪問してはや1年半となる大阪の和食で最も好みである表記の店を訪問。実直で最後まで手抜きのない仕事と素晴らしいコストパフォーマンスに毎回大満足。少しでも美味しく作ろうという店主の広瀬氏の熱意がカウンター越しに伝わる。

料理は8000円のコースのみ。今回も糖質を控えるために焼酎とともにいただいた。

早春のうるい、芽キャベツ、こごみ、蕾菜、スナップエンドウを胡麻ソースで白和え風に供される。身体から毒が抜けていくような味わいでエネルギーが充填されるような気になる。

白魚の白扇揚げと北海道の雲丹とカリフラワーのソース。柔らかい白魚をパリパリの食感の衣で揚げたものはお酒がよく進む。カリフラワーのソースは大将のスペシャリティ。

平目、鯛の卵黄巻き、赤貝、昆布〆鰆の磯辺巻き、鯛の松皮造り、燻製にして皮目を焼いた鰆。。このお造りの6種盛りだけでもお値打ち。外連のない仕事なんだけどほんの少しの工夫で刺身がより美味しくなる。。

煮物椀は鹿児島産の筍と若布、若牛蒡が入ったひろうす。出汁の味わい塩梅も素晴らしい。。

炭火で焼き上げた真魚鰹。香川産のホワイトアスパラガス。蕗味噌と一寸豆。この料理がこの日一番好み。。真魚鰹と蕗味噌の相性がすばらしい。。お皿を舐めたいくらいの美味しさ。

ささ身の昆布〆。花山葵の醤油漬け。とてもさっぱりした味わい。。和食でささ身はあまり見かけないけどかなりクオリティーの高い一品。

山形県の平田牧場の平牧三元豚(ひらぼく さんげんとん)のロースト。 脂身がとても香ばしくて融点も低くとろける甘さがある。行者にんにくが入ったパンチのある醤油ベースのソースで供される。

食事はホタルイカを叩いて調味したものを白ごはんに乗せたもの。青みは蕗。。

甘みは蓬のプリンに餡をかけたものと苺の組み合わせ。今回も何をいただいてもワンランク上の美味しさ。カウンター席が6席だけなので早めの予約が必要。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |

ひろせ 2月

私が毎月必ず訪問する心斎橋の和食店を友人と訪問する。毎月月初に献立が変わるのと丁寧な仕事ぶりで全く飽きることがない。コースは8000円一本勝負。

店主の仕事を見ながら食事のできる6席のカウンターが特等席。店主の広瀬氏はソムリエの資格も持っておられるので置いているお酒も一家言あり。

西心斎橋にある「ゆうの」出身の若きご主人の才気あふれる仕事は最近は安定感が増し奇を衒うようなこともなく美味しい料理を提供される。

座付は温かい粕汁でスタート。鰤をつみれにしたものと大根の出会いもの。酒粕が勝ちすぎない 味わい深い料理屋の粕汁。。

続いて粟麩の揚げ煮にウルイと蓮根を合わせたもの。蕗の薹を使った味噌ソースがとても秀逸。

糖質制限中なんだけどこの日は松の司と奥播磨を少しだけいただく。

楽しみの割鮮は穴子の稚魚ののれそれ、皮目を炙った太刀魚、皮付きのハリイカ、錦糸巻きにした鰆、昆布しめの鯛、平目、河豚のたたきの7種盛り。。これだけでもこの店に来る価値はあると思う。日本酒と一緒に少しずつ楽しむ。

煮物椀は浅利真薯。霞大根の下には生海苔が添えられる。出汁も昆布をしっかり効かせた難波割烹ならではの喰い味の仕事。

炭火で焼き込んだこの日の太刀魚の美味しさは突き抜けている。大きいものではないがかなり上質であることは食せばわかる。あしらえのこごみ、芽キャベツ、一寸豆のビジュアルもとても美しい。魚の下にはカリフラワーのソースが敷かれる。

鱈の白子を潰してプリン状に固めたもの。酸味の効いたジュレでいただく。さっぱりしているんだけどとても味わい深い。

牛ほほ肉の煮込み。添えられた薬味の粒マスタードもとてもいい。チジミホウレンソウ

食事は河豚の炊き込みご飯。

デセールはヨーグルトプリンにみかんのゼリーを掛けたものと金柑。。

今回もとても美味しく大満足。。小さな店なので予約必須。。。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00

天下茶屋駅にある天牛堺書店が年末に閉店。お客さんのお店の閉店を惜しむメッセージがシャッターに貼りまくられていたのを見て少しウルウルした。

カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |