検索結果: ひろせ

ひろせ

私がここ最近で最もよく利用させていただく表記の心斎橋の和食店を訪問。月初に献立が変わるのでそれが楽しみでここ1年半くらい通い続けている。ミシュラン店の「ゆうの」で修行されたご主人の丁寧な仕事と喰い味を重視したオーソドックスな味付けは自身の口のとてもよく会う。料理の内容は派手さを排したストレートなコース8000円の1本勝負のみ。

暑気払いに冷たいビールをいただいて最初の座付はガラスの器に入った枝豆のすり流し。中身は涼を感じさせる蓴菜とねっとりとした舌触りのパプリカの葛豆腐。

続いては白芋と冬瓜と加賀野菜の金時草の上にご主人のスペシャリティの鯛味噌を乗せたもの。ここからはしばらくやめていた日本酒とともにいただく。

こってりとした無濾過の生原酒の旭若松を所望する。穏やかな香りだけでいい酒であることはわかる。落ち着いた雄町の米の味わいがグッと強く押して来る私好みの骨格のしっかりとした酒質。

お造りは旬の鱸、鱚の大葉鋳込み、蛸の粒マスタード添え、金目鯛と天然鯛の食べ比べ、旬のいしかげ貝、皮目を炙ったいさき、マナガツオの外連を排した8種盛り。色々な生魚をお酒と一緒に食べ比べることができるのはとても嬉しい。

夏碗に盛られた煮物はイワシの真薯と沖縄のもずく。天盛りにした茗荷や生姜とのバランスもとてもいい。

鱸の焼物の下には調味した焼き茄子のピューレが敷かれていて醤油焼きにした長芋とあげた唐辛子、オクラが添えられる。

ガラスの器に入った酢の物はイチジクと車海老。絹のようななめらかな白酢がたっぷりと添えられる。

肉料理は歯がいらないくらい柔らかく炊き込まれた牛タンのカツレツ。野菜とトマトで作ったソースとともにいただく。添え野菜は糸瓜とズッキーニなどの刻み野菜に繊細な酸味のあるかぼすソースが添えられる。

食事は時候の玉蜀黍ご飯。

桃の蜜煮と自家製杏仁豆腐でフィニッシュ。今回も量、質、価格ともにパーフェクトな内容で大満足でした。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |

ひろせ 7月

昨年から毎月月初に訪問するお気に入りの和食店。店主の実直で真摯な性格と丁寧な仕事が大好きで本当に美味しいなあと思うお店の一つ。最近和食店でも超豪華食材を多用して3万円くらいの会計に驚くことが多いけどこちらは派手さを排したストレートなコース8000円の1本勝負。

お酒をいただいても1万円あまり。料理内容はミシュランのゆうの譲りで伝統的でオーソドックスな流れの中で小さな変化球をあちこちに散りばめた感じ。

座付は車海老、アボガド、アスパラの白和え。この白和えの味が素晴らしい。このような普通の料理が普通以上に美味しいのがこの店の特徴。

稚鮎の春巻きと枝豆。パリパリの食感と鮎の苦味がいい。酢橘を沢山入れた二階堂のソーダー割りが最近はお気に入り。私のために二階堂を置いてくれているのも嬉しい。

㐂川の流れを汲むシンプルに魚だけを盛り付けた活鮮は焼き霜作りの鯛、細魚の大葉鋳込み、鱚の奈良漬巻き、鱧、蛸、昆布締めにした金目鯛、皮目を炙ったイサキの7種盛り。余計なものは一切なく刺身本来の味をお酒と一緒に楽しむことができる。

トウモロコシの真薯と新じゅんさい。真薯の美味しさは比類なきもの。かなり上質の昆布を使っているので旨味満点。

大きなサイズの真魚鰹。梅の敷きソースで。このソースも酸味の角が取れて驚くほど美味しい。 あしらえは加賀野菜の金時草と芋茎。。

口直しに冷たく冷やした冬瓜の蟹あんかけ。塩分が少し多いようだけど許容範囲内。

子牛のヘレ肉の炙りに粒マスタードと刻み葱を乗せたもの。優しい醤油ベースのソースが秀逸。 あしらえは万願寺とうがらしとズッキーニ、茄子のオランダ煮。全ての料理の食材の産地やブランドを殊更に強調することがないのがいい。何を食しても美味しい。

私は糖質制限中なのでパスしたけど梅と新生姜のご飯。

パッションフルーツのプリンとゼリー。当然手作り・・・

糖質制限中なんだけど食事前になんばシティのmilkのソフトクリーム500円をつい買ってしまう。濃厚でミルク感たっぷりで大好物・・・

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |

ひろせ 6月

毎月月初に献立が変わるたびに訪問する心斎橋の畳屋筋にある表記の和食店を友人と訪問。1年以上毎月欠かさず通っているけど私の口に合うせいか全く飽きない。今流行りの特別な高級食材を使う和食のお店が多い中でベーシックでかつ丁寧な仕事が光る、界隈では数少ない佳店である。

カウンター6席とテーブル席だけなので予約は必須。8000円のコースのみで苦手な食材があれば配慮もいただける。ゆうの出身のご主人は才気あふれる調理師なんだけど口数は少なく黙々と仕事をされる。その仕事一挙一動を見ながら食せるかカウンター席は劇場のよう。

座付は店主のスペシャリティーのとうもろこし豆腐。上には赤足海老と枝豆、新じゅん菜、鱧の卵があしらわれる。とうもろこしを凝縮させたような味わいの豆腐は座付にぴったり。

続いては夏河豚の白子と梅肉、大葉をあしらった春巻き。。甘くてトロトロの味わいの白子と梅の酸味がとてもよく合う。。

活鮮は今が旬の鱚に大葉を射込んだもの。脂乗りまくりのアブラメ、完璧な骨切りの鱧、粒マスタードでいただく蛸、生の北寄貝は驚く美味しさ。。皮を炙ったマナガツオ。お酒が進みまくる。。

煮物椀は柔らかく蒸しあげた穴子の献珍。。白木耳と若ごぼうがあしらわれる。。しっかりと引かれた出汁は少し濃いめだけどとても美味しい。。

焼き魚は高級魚のアコウ。脂と旨味たっぷりで甘めの玉ねぎソースとの相性もとてもいい。あしらえは2色のズッキーニとスナップエンドウ。。。

箸休めは大阪産の千両茄子。辛味の効いた山椒の餡がとても美味しい。。こういった普通のものが突き抜けた完成度がある。

肉料理は炭火で仕上げる鴨ロース。。ブルーベリーの甘酸っぱいソースでいただく。あしらえは油を塗りながらじっくりと焼き上げた極太アスパラガス。2色のミニトマトのシロップ漬けも美味しい。

食事は焼き鱧ご飯。。。ダイエット中なので私は泣きながらパスする。

新茶のアイスでフィニッシュ。。。コスパも素晴らしくて完成度の高い心の入った料理でした。。次月の予約をして店を出る。。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |