検索結果: カラーズ

カラーズ

北新地の本通りにある路地の蜆楽通りの入り口、かに道楽の横にあるカジュアルフレンチ。カジュアルなんだけど手間暇かけた料理がとても美味しいために気心知れた友人との食事によく利用する。店は1階のカウンター席と2階の個室に別れていて入口も別々。新地本通りからの入口は1階カウンター席のみで2階の個室には路地から入るようになっている。

座付はいつものようにカプチーノスープ。この日は栗のスープで季節感満載。

お任せの前菜の盛り合わせは雲丹のフラン、ポテトサラダ、赤海老のカルパッチョ、鯖のオムレツ、イワシのマリネ、黒豆のガーリックソテーなど・・・

シーフードサラダも新鮮な魚介がたっぷりで食べ応え満点。。オリーブを刻んだものやバジルソースにつけると味変が楽しめてとてもいい。

好物のオマールのソテーは冷凍なんだけど火入れと味付けが絶妙でブルーブランのソースとともにあっという間に平らげてしまう。。。

渡蟹のパスタもホタテやアサリがてんこ盛りでワインが進みまくる。。美味しすぎていつもワインを飲みすぎてしまう。。帰りは硯楽檸檬で立ち飲みフルーツチューハイをいただいてから家に帰る。

過去のカラーズはこちら

大阪市北区曽根崎新地1−6−7
06-6345-5669


カテゴリー 梅田/JR大阪, フレンチ |

カラーズ

北新地の蜆楽通りの入り口、かに道楽の横にあるカジュアルフレンチ。カウンターで好きなものを注文して気軽にワインと楽しめ、価格もこなれているので良く利用する。この日は採用コンサルの先生をしながら梅田や難波、三ノ宮で「鯛の鯛 」という超繁盛店を経営する友人に経営指南をいただきながらの会食。

店は1階のカウンター席と2階の個室に別れていて入口も別々。新地本通りからの入口は1階カウンター席のみで2階の個室には路地から入るようになっている。お忍びの芸能人も多いと聞き及ぶ。

5000円のコース料理もあるけどこの日はカウンタ−でで好きなものをいただく。

突き出しがわりの淡路産新玉ねぎのエスプーマースープ。優しい舌触りと玉ねぎの甘みがとてもいい。このスープは季節によって変わるのでそれも楽しみ。

ホタテのカルパッチョ900円はとても新鮮。。酸味のあるドレッシングが柔らかい淡路産新玉ねぎとよく合う。

香川県産の超太いホワイトアスパラガスとホタルイカのソテー。ホタルイカを薬味がわりにしてホワイトアスパラをいただく料理。この料理はアルゼンチンのピノ・ノワール1000円を合わせる。

この日の魚料理2500円は北海道産のサーモン(写真はハーフサイズにシェアしていただいたもの)皮目はパリパリに焼き上げて身はしっとり柔らか。酸味のある焦がしバターとバルサミコのソースでいただく。

オーストラリア産仔羊のローストにオリーブオイルを細かくカットしペースト状にして作ったソース。火入れは完璧。仔羊の柔らかさと癖のなさにびっくり。骨の周りの肉も美味しい。

この料理はアルゼンチンのマルベック1000円がドンピシャなり。

締めは全粒粉の手打ちパスタ2100円でウニといくらのクリームソース。(写真は半分にシェアいただいたもの)見た目よりもあっさりしたソースとパスタん絡み具合がとてもいい。

この他にも看板メニューの蟹クリームコロッケや活ローブスターのローストなどもおすすめ。カジュアルなフレンチ割烹って感じでお箸もあるので高齢の客も結構多い。。

帰りに近くの立ち呑み酎ハイ屋の蜆楽檸檬に立ち寄ってデザートがわりのデコポンの生搾りをいただいてビタミンチャージ。ごちそうさまでした。。。

大阪市北区曽根崎新地1−6−7
06-6345-5669

過去のカラーズはこちら


カテゴリー 梅田/JR大阪, フレンチ, レストラン |

KAlarz(カラーズ)

北新地の蜆楽通りの入り口、かに道楽の横にあるカジュアルフレンチ。使い勝手もよく本格的な内容の割りに値段もこなれているので気の張らない友人との食事に重宝する。この日は打ち合わせのあとで友人と3人で訪問。
店は1階のカウンター席と2階の個室に別れていて入口も別々。新地本通りからの入口は1階カウンター席のみで2階の個室には路地から入るようになっている。

コース料理もあるけどこの日はカウンタ−でアラカルトで好きなものをいただく。

2016-12-21-20-22-17

座付きにカボチャのポタージュスープ。エスプーマーで泡立てられたミルクと濃厚なカボチャのスープを混ぜていただく。素材の良さがよくわかるホッとする味。

2016-12-21-20-23-07

前菜盛り合わせは3人なので少しおまけしてくれた。鰯のマリネ、タコのカルパッチョ、鴨ロース煮、さつま芋ロースト、ポテトサラダ、枝豆のジェノベーゼ、牡蠣のコンフィ、ラタトゥーユ、きのこのマリネなど。。和のテイストも入っていてお箸でいただけるのは嬉しい。ホステス連れの70才くらいの高齢の客も多く、そういう方には食べやすくて嬉しい内容だと思う。団体客は来ないし女性客も多いので概して客層は良い。

2016-12-21-20-39-00

シーズナブルメニューのせこ蟹とアボガドのサラダ1500円は普通に美味しい。しかしながらセコ蟹の外子はパサパサするのであまり好きではない。。

2016-12-21-21-00-34

海老のカダイフを使った揚げ物1800円は思ったより原材料の質が良くて、聞くと活の赤足海老を使用との事。味噌も足の付け根部分も美味しくいただいた。付け合わせの沖縄産のとうもろこしがビックリするくらい美味しかった。

2016-12-21-20-45-48

ワインは「お任せで樽味の効いたしっかりしたもので安くて美味しいもの」とお願いしたらシャルドネのトリュフィエールをすすめていただいた。モンラッシェの15000円くらいのもの。百貨店では8000円くらいでたまに買っていただく好きなタイプ。安くて美味しいワインは本来あり得ないけど価格とのバランスを考えたときにこれはドンピシャの逸品。

2016-12-21-21-13-47

フォアグラのリゾット1400円(写真は3等分に分けたもの)には刻んだトリュフが入る。トリュフエールワインとの相性は言わずもがな。米の火入れやソースの塩分濃度などは完璧。

2016-12-21-21-43-03

黒毛和牛のポワレ3500円は赤身肉だけど味はイマイチで残念。そんな日もある・・・

2016-12-21-21-33-58

〆に名物のウニのパスタ1900円(写真は3等分)をいただいて終了。この他にも看板メニューの蟹クリームコロッケや活ローブスターのローストなどが人気商品。少しだけ高級なフレンチ居酒屋って感じかな。この日はビールとワインをいただいて一人1万円でした。帰りに近くの立ち呑み酎ハイ屋に立ち寄るのはすでに習慣となっている。

過去のカラーズはこちら

大阪市北区曽根崎新地1−6−7
06-6345-5669


カテゴリー 梅田/JR大阪, フレンチ |