検索結果: ジョルコ

Giorco(ジョルコ)

奈良の大和八木にある自社の支店を視察したのちに一人で駅北口の裏路地にある表記のイタリアンで一人飯。

最近できたお店なんだけど界隈ではイケメンのオーナシェフが作るワンランク上のこだわりのイタリアンが大人気で時分どきはいつも満席。

白を基調とした店内はカウンター8席、テーブル16席。以前訪問した時のパスタの美味しさに悶絶したのをきっかけにたまに立ち寄る。

座付はラタテューユの上に生ハムを乗せたもの。

ダイエットを気にしながらの夜のパスタは名物のイカ墨が入ったモチモチのフィットチーネに生のコウイカカラスミと焼き茄子が入った冷製ジェノベーゼ1380円。コクのある手打ちパスタの美味しさはもちろん新鮮なイカと焼き茄子、甘すぎる千葉産のミニトマトの取り合わせは驚く美味しさ。この他にも手打ち麺がいろいろあるので全て制覇しようと思う。ワインの酔いもあって気持ちよく電車で帰阪。

 

奈良県橿原市内膳町4-4-3
0744-47-4722
営業時間
17:00〜翌0:00
第2月曜、日曜休み

過去のジョルコはこちら


カテゴリー 奈良県, イタリアン |

ジョルコ GIORCO

バレンタインデーの日は奈良県の大和八木駅北口の裏路地にある表記のイタリアンで一人飯。店内カウンター8席、テーブル16席で若い店主一人で切り盛り。以前訪問した時のパスタの美味しさに悶絶した記憶があり再訪問。
今回もビールをいただいてから携帯でその日のニュースを見ながらの食事。

突き出しは蛸のバジルソース。。特にどおってことは無い・・・

突き出しその2はブリュレになったチーズのようなものなんだけど初めていただく味わい。ブルゴーニュのシャルドネと一緒に味わう。

前菜盛り合わせはローストビーフにサラミ、パテドカンパーニューに玉ねぎのグリル。下記の燻製にクリームチーズときのこのブルゴーニュ風など。。。

パスタ一皿目はあさりと寒グレのオイルスパゲティ。オリーブオイルも完全に乳化してアサリや魚のエキスもしっかりと麺に絡みまくってとても美味しい。

もう一皿はイカ墨の入ったフィットチーネにカラスミと生ウニが入ったこの店のリコメンドのメニュー。生麺の食感にウニのソースがしっかりと絡んでピノ・ノワールにぴったりのお味。食感も軽くてダイエット中だけどもう一皿くらい食べれそうな感じでした。

大阪に帰る電車の時間がきたのでそそくさ帰ったけど、こちらのシェフはゆっくりと友人と一緒にいただきたいと思うハイレベルの調理技術を持たれています。

過去のジョルコはこちら

奈良県橿原市内膳町4-4-3
0744-47-4722
営業時間
17:00〜翌0:00
第2月曜、日曜休み


カテゴリー 奈良県, イタリアン |

ジョルコ/GIORCO

今年7月に大和八木駅北口から徒歩3分の八木裏と呼ばれる路地裏にオープンした標記のイタリアンを訪問。カウンター8席とテーブル14席の小体な店。若きシェフと奥さんの2人で切り盛り。すべてアラカルトのみのメニュー構成。

突出しは低温調理をしたサーモンでこれが看板メニューとの事。しっとりした舌触りのサーモンは刺身のような食感だけど火入れした美味しさが感じられる。下にはジェノベーゼした焼き茄子が敷かれる。横には濃厚なアボガドソース。

タパスの盛り合わせはトリフの入ったサラミソーセージと柿を生ハムで巻いたブルケスッタ、しっとり食感の鶏ハム、牡蠣のオイル漬け、ローストビーフ、玉ねぎのオーブン焼き、ビザ生地を使った青のりを混ぜたパン、キノコのマリネなど。。どれも手間のかかったものばかり。赤ワインがすすみまくる。 

好物のトリッパのトマト煮込みは自家製パンと一緒にいただく。癖もなくトマトのソースが秀逸。

パスタは独特なもちもち感の自家製手打ち麺で5〜6種を揃える。お薦めのイカスミを生地に練り込んだものに唐墨と雲丹を合わせたタリオリーニを所望する。口に入れた瞬間に海の香りが咥内に広がる。ここ最近食べたパスタでトップクラスの美味しさ。

庵夢豚という北海道のブランド豚を使用したフィレ肉のベーコン巻きはこれも火入れが完璧でありがちなパサつき感は全くない。繊維質をしっかり感じられるような食感と味わい深い肉質は感動の味わい。オレンジベースのソースもさっぱりしていて相性抜群。

店の場所は悪いけど料理の腕は超一流です・・・大和八木恐るべし・・

奈良県橿原市内膳町4-4-3
0744-47-4722
営業時間 17:00〜翌0:00(23:30LO)
第2月曜、日曜定休

 


カテゴリー 奈良県, イタリアン |