検索結果: 森本

懐石 森本 2月

大和八木駅徒歩5分、老朽化したピンクの建物の橿原市役所の真横の路地を入ったところに位置する。瀟洒な一軒家の民家を改装したお店。暖簾をくぐって前栽を抜けて玄関を通って今回はカウンターの客席に案内いただく。

普段お店は温和なお人柄の店主とお母さんの2人で営まれる。料理を始める前。最初にその日使用する一番出汁用の鰹節を目の前で削るところから始まる。

ビールで乾杯をした後、先付けはよく肥えた鱈白子の茶碗蒸し仕立て。フルフルの卵の食感と鱈白子の旨みとコク、ポン酢のタレとのバランスが素晴らしい。。

煮物椀は目の前で作りたてを蒸し上げる天然フグの真薯。ふわふわの食感と透き通るような出汁の旨味に感動する。

最初の日本酒は奈良産の風の森のあらばしりをいただく。

続いての活鮮は大きなサイズの寒平目と脂乗りまくりの鰤、北海道産の雲丹の3種盛り。ボリュウムもあって食べ応え満点。

ここで新潟の無濾過のおりがらみ生酒をいただく。

焼き肴は鰤のカマの塩焼き。口内の脂とパンチのあるこってりした日本酒の旨味が渾然一体となりえも言えぬ味わいに変化する。

酢の物は走りの飯蛸。ポン酢のジュレと柔らかい酢味噌でいただく。。日本酒が進みまくる味わい。

稚鮎の天ぷらは早春のおとづれを感じさせる。。

炊き合わせは鰤の骨で出汁をとってコクをつけた大根。。程よく炊き込まれていてなんとも贅沢な逸品となっている。。。下処理も丁寧なことは食せばわかる。

目の前で大豆と大根の葉っぱを油で炒めて釜炊きのご飯に混ぜて作る大豆ご飯。。同伴者は3杯おかわりしていた。留椀は3種の魚の骨や身を入れて作る。。自分の家で獲れる大根を干して作る自家製のべったら漬けも秀逸。

最後は本蕨を使って目の前で練り上げて出来立てを供するわらび餅・・・こんな贅沢な甘味は滅多にない。。このコースで7500円という超ハイコストパフォーマンス。難波から特急電車に乗ってわざわざ行く価値あり。。昼間のランチコースはさらにお得です。。

過去の森本はこちら

奈良県橿原市八木町1-4-8
0744-22-3082

 


カテゴリー 奈良県, 和食 |

森本 12月

奈良の大和八木駅の近くの橿原市役所の横にある表記の料理屋さんに2度目の訪問をする。お店の横にはご主人のお母さんが育てた野菜の無人販売所がある。この日も友人の貸切食事会に相伴。

前回はランチタイムに懐石のコースをいただいたが今回は座敷でお任せの河豚料理を所望。9kgの巨大天然河豚を10人でいただくという贅沢な趣向。。

座付は蒸し立ての茶碗蒸し。出汁がたっぷりでとろとろの食感。刻まれた牡蠣とトマトが具材。トマトの酸味が全体の味を引き締める。

香川産の海老芋の素揚げ。。ホクホクに仕上げられていて比類なき美味しさ。

3日寝かせた身の刺身。分厚くカットされているので噛み締めると独特の旨味がじゅわっと感じられる。。量もたくさんあって食べ応え満点。ポン酢の美味しさにもびっくり。

鍋のあら身の大きさにもびっくり。頭部分は男性のげんこつサイズ。くちばし部分の鶯もゼラチンがたっぷり。

とんすいに入らないくらいのサイズの骨を手を使ってしゃぶりつく。弾力がありすぎる身は鶏肉のよう。。普段は1kg未満の養殖の泳ぎ河豚をよくいただくので味の異なりは一目瞭然なり。

地元産の椎茸や一日干して旨味を増したエノキなどの鍋野菜もとても美味しい。

皮は「がんば煮」に仕立てられる。河豚皮を乾煎りして醤油、酒、梅干しとニンニクの芽を刻んだ物を加えて煮汁が無くなるまで煮た、 長崎県島原の郷土料理。「がんば」は棺桶のことで河豚に当たったら棺桶に入らなければならないというのが語源と聞いたことがある。

表面の皮は白醤油で作った白ポン酢でさっぱりと供される。

雑炊は濃厚な河豚のエキスがたっぷり入ったもので後味も良くさっぱりといただく。糖質制限中なので一口だけいただく。

デザートはプルプルに仕上げられたくるみどうふ。お酒もたっぷりいただいてお腹いっぱい。会計はお酒込みで一人15000円。。天然河豚のコースとしたら相場の半額くらいのお得な内容でした。ご馳走様でした。。

前回の森本さんはこちら

奈良県橿原市八木町1-4-8
0744-22-3082


カテゴリー 奈良県, 和食 |

森本

大和八木にある表記の懐石料理店をランチタイムに貸切で訪問。橿原市役所の真横に位置する。瀟洒な一軒家の民家を改装したお店で暖簾をくぐって前栽を抜けて玄関を通って客席に案内いただく。

お店の隣には無人の野菜売り場・・・・

店内はカウンター8席。最初にビールをいただいて座付は西吉野の柿に胡麻クリームを掛けただけのシンプルな料理。しかしながらこの柿が驚くくらい味が濃くて美味しい。

続いては鯛の卵と白子を炊いたもの。お酒が8割と水が2割でほんの少し砂糖を入れただけとは40歳の若きご主人の弁。

鰹節を目の前で削って椀盛の出汁を作る。削る音もご馳走なり・・・

地元のお酒をいただいてお椀の出来上がりを待つ。。   

和食の華である煮物椀は滋味深い蓮根餅と舞茸。。シンプルながら芯の通った逸品。

鶴橋の魚市場から仕入れる天然のカンパチ。。甘酢につけたもって菊とともに供される。

かなりなサイズの鰆は炭火を使った塩焼きで。。中心部がミディアムになるように丁寧に火入れされる。塩加減も完璧。。。あしらえは濃厚なかぼちゃをクリームチーズとともにペースト状にしたものと豆打小芋、甘酢に浸けた梨・・・日本酒が進みまくる・・・

ワカサギの天ぷらはホクホクの味わい。。衣の塩加減も良くて一気に6匹いただいてしまう。

さつまいもの揚げ物も甘々・・・・

蕎麦がきの茸あんかけもシンプルなんだけど色々な茸のエキスの加減が複雑に混ざり合ってあとをずっと引く塩梅。ふわふわの蕎麦がきも秀逸。

食事は信楽の作家の土鍋で供される。

この日は松茸ご飯。。。かすかに芯を感じさせる炊き具合も素晴らしい。噛み締めると米の味がよくわかる。。松茸の香りがさらなる食欲を呼び覚ます。。

甘味は手作りの栗きんとん。。栗100%で作ったものらしく栗以外の味がしない(当たり前だけど・・)ここまででスタートから2時間半経過。。お腹いっぱい胸いっぱい。。。このコースがなんと一人3000円(税別)なり。。会計を間違えているのかと思った。最近稀に見るお値打ち館満載の素晴らしい和食店でした。。。。

奈良県橿原市八木町1-4-8
0744-22-3082


カテゴリー 奈良県, 和食 |