検索結果: 鯛の鯛 難波

鯛の鯛 難波 7月

千日前にある表記のヘビーユース店を友人と訪問。界隈では超絶人気繁盛店として有名。この店以外でも三宮、梅田に姉妹店があるがどこも満席状態が続く。

人気の秘密は明石から届く新鮮な高級魚を氷温熟成させた熟成魚のラインアップ。それぞれ3日から1週間ほど寝かしてアミノ酸含有量を増やし、旨味成分がしっかり感じる様にして提供される。

親会社のリバユースの箱部照太社長は業界でも気鋭のやり手としてさらなる店舗の拡大を計画中。また人材派遣や教育コンサルなど様々な顔を持たれていると聞き及ぶ。趣味のトライアスロンは競技に出るくらいのプロレベルで大活躍中。普段は国内外の有名レストランを視察して勉強されていてほとんど関西にはいないことでも有名。

ビールで乾杯をしてハート形の器に鮮魚のスペシャル盛り合わせを作っていただく。熟成をかけて皮目を炙ったのどぐろはトロトロの舌触り。塩でいただくと甘味が一層強く感じられる。ぶ厚くカットされた皮付きのサワラ、脂がよく乗った鯖、コリコリで香りも高い粒貝、伝助穴子の炙り、生ダコ、アワビの7種盛り。。価格は北新地の半額でいただける。。。

巨大な金目鯛の頭を塩焼きにしていただく。脂が甘くてゼラチン部分もたっぷりあって夏酒と相性ばっちり。。。

天ぷらはエビやレンコン、アボガドなども揚げてもらう。。。天つゆにたっぷりの大根おろしを入れていただく。。

季節メニューの鱧と帆立貝の天ぷらも普通に美味しい。。

口直しはフルーツトマト。。

締めのいくら丼の下には鮮魚の刺身がゴロゴロと入る。。濃厚な卵の黄身といくらの相性も体に悪そうだけどなんとも言えないプリン体攻撃。。この日の会計は2人で16000円、お酒もたくさんいただきました。

店長のしまちゃんは最近彼女ができたらしく上機嫌。お店で見かけたら声をかけて揚げてください。

月曜日の朝3時から加太で鯛釣り。。この日は大漁の釣果だったんだけど私一人だけボウズ・・・日焼けをしに行った様な感じです。。ハイ・・いつもどうり船酔いで吐きました。

大阪市中央区難波4-7-14 難波フロントビルB1
06-6630-7714

過去の鯛の鯛 難波はこちら


カテゴリー 難波, 居酒屋 |

鯛の鯛 難波

熟成魚を提供する表記の店を後輩くんと訪問。現在こちらの店以外にも梅田、三ノ宮に展開中。どちらのお店も毎日満席の超人気店。最近は予約を取るのも一苦労。明石産の魚をストレートに提供する業態なんだけどお店がとてもスタイリッシュでNYのカフェのような内装なので女性客率もとても多い。。コスパも抜群で高級な様なが低価格で食せるために会社帰りのグループの姿も目立つ。

経営は新進気鋭のリバユースグループでオーナーは毎週東京と外国での外食店視察でセンスを養われている。。来年は東京進出予定と聞き及ぶ。。。

最初にレコメンデッドメニューの刺身盛り合わせ上。天然ハマチ、マナガツオ、ソイ、天然鯛、帆立貝柱、熟成魚がイサキ、のどぐろ、むつと天然魚の勢揃い。。熟成させた刺身は旨味も強く塩でいただくと甘さがさらに引き立つ。。

明石の活タコの唐揚げは身が爆ぜてプリプリの食感。甘くて旨味たっぷりの身は明石だこならでは。。

天ぷらもあってとても美味しい。。特に穴子は絶品でマストメニューなり。

スタッフさんが鯛をさばいていたので写真を取らせていただく。。80センチ級の巨大な形のいい鯛にびっくり。早速この鯛の頭を塩焼きにしていただく。

40分かけてじっくり焼き上げた身は鶏肉のような弾力と大量のゼラチン部分で食べ応え満点。。ほっぺたの身や目玉部分、唇のプルプルになったところなど部位によって味わいが異なるのも楽しい。。ハイボールをいただきながら巨大なカマを味わい尽くす。。

カマが大きいのでこれだけでお腹いっぱいになる。お酒をたっぷりいただいて一人6000円の会計でした。。

大阪市中央区難波4-7-14 難波フロントビルB1
06-6630-7714

過去の鯛の鯛 難波はこちら


カテゴリー 難波, 居酒屋 |

鯛の鯛 難波 5月

難波の千日前通りにある表記のヘビーユース店を訪問。明石から直送される上質の天然魚を熟成させた刺身がとても美味しいので有名。

梅田や三宮にもお店があるがどちらも超繁盛店で東京銀座に大型店を計画されていると聞き及ぶ。

この日も比較的入店しやすい早い時間を予約する。客層は家族づれからカップルまで様々。お決まりの刺身6種盛り合わせスペシャル2人前2000円を所望。写真はないけど熟成魚が「のどぐろ」「ひらめ」「石鯛」「マナガツオ」どれも旨味が凝縮されて日本酒との相性がとてもいい。塩とすだちでいただく。続いての新鮮魚は「本鮪の大トロ」「カンパチ」「鱧の炙り」どれも秀逸で甘めの醤油といい相乗効果を見せる。

続いての刺身は水槽で泳ぐ伝助アナゴを手早くさばいて骨切りをし皮目をさっと炙ったものでこの店での私の大好物。香ばしくて噛みしめると甘い脂が構内に迸る。旬の白ミル貝もコリコリの甘々で例えようのない美味しさ。

巨大サイズの天然鯛のカマ焼きは身がしっかりして鶏肉のような食感。私は若い頃は調理師だったために鯛の骨格が分かっているので解体が得意。骨を全て外してゆっくりといただくのが私流。

この日は休みだったので日本酒が進みまくる。日本酒がわずか残るので鯛味噌を所望。鯛味噌が残るので再度お酒を所望・・・お酒が残るのでカマンベールチーズの西京漬を所望。。。と酒のあてエンドレスの展開。

ラストは大量の新鮮魚のぶつ切りを醤油漬けしたものを炊きたてご飯の上に乗せていくらをてんこ盛りにしてウニと生卵を乗せた海鮮丼でフィニッシュ・・・・。

大阪市中央区難波4-7-14 難波フロントビルB1
06-6630-7714

過去の鯛の鯛 難波店はこちら

 


カテゴリー 難波, 和食 |